SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ビジネスマンのための必読オンラインマーケティング塾

第1回 Web2.0以降、オンラインマーケティングはどう変わるのか?

Web2.0時代を迎え、オンラインマーケティングを取り巻く環境も大きく様変わりしている。変化の波は徐々に企業のビジネスにも変化を要求することとなり、特に企業内で広報、マーケティングに関する仕事に携わっている方々にとっては、大きな意識改革が必要になるかもしれない。

 極端なことをいえば、今後はコードが書けなければ、オンラインマーケティングに手を出せないような状況になるのではないかとさえ思えてくる。少なくとも個々のスタッフが自らの言葉で情報発信できることが要請されるのは時間の問題かもしれない。

 これまで社内調整やアウトソース先の企業とのやりとりに費やしていた時間は、すべてスタッフ個々人が独立しての情報発信や外部とのコミュニケーションのために置き換えていかざるを得ないだろう。

 本稿では、いったい何がそういった変化を要請しているのか? また、これから私たちはどんな準備をしていかなくてはならないのか? 今回はそうした視点から今後のオンラインマーケティングに関して考察する。

指数関数的に増加する情報

 オンラインマーケティングに変化をもたらす最大の要因は、Web上の情報量の劇的な増加です。

 情報量の増加の要因は複数考えられます。1つにはブログやソーシャル・ネットワークに代表される情報発信ツールの低価格化~無料化、一般への普及があげられるでしょう。こうしたツールはこれまで情報を一方的に受け取る側でしかなかった一般ユーザーやそれまでホームページを持たなかった中小企業などにも情報発信の機会を与え、いまや「総表現社会」という言葉が生まれるほど、情報発信を行うプレイヤーの数は増加しています。

 さらにブロガーたちはニュースや他のブロガーたちの発信する情報を引用しながら自身の意見を述べた二次的な情報を生成し、情報の複利的な生産が進みます。また、ブログや検索サイトなどから自動生成されるRSS/Atom Feed(注:1)がさらにこうした状況に拍車をかけているといえるでしょう。他にも様々な要因が重なり合うことでWeb上の情報量はこれまでをはるかに超えるスピード感で、指数関数的(注:2)な増加を見せているのです。

 現在の情報量の増加速度は、感覚的にとらえられる増加速度をはるかに超えています。指数関数的な増加とは現在の値がそれ以前のすべての値の合計よりも常に大きくなるような増加です(16は1+2+4+8よりも大きく、1028は1+2+4+8+16+32+64+128+256+512よりも大きい)。今、現在、Googleには約80億のURLがインデックスされていると公表されていますが、この数がさらに指数関数的に増え続けることになるのです【図1】。

【図1】:2を底とした指数関数曲線

独立、分散した形で多様な情報発信をしよう!

 当然ながら、こうしたスピード感で増え続ける情報量に対しては、いかなる市場の拡大も太刀打ちできません。おのずとひとりの顧客を獲得するために必要な情報量は、これまでとは比較にならないほど膨らむことになるでしょう。

 もちろん、こうした情報量増加の影響はすべての企業に平均的に負担されるわけではありません。他社に比べれば比較的発信量の増加も少なくて済む企業もあれば、どんな大量の情報を発信しても市場から見向きもされない不幸な企業も出てくるといったバラつきは生じてしまうでしょう。しかし、ただ1つ言えるとすれば、いかなる企業といえども、これまで以上に積極的にコミュニケーションを行っていく姿勢をみせなければ、簡単に市場から忘れ去られてしまう危険性を持った時代が訪れようとしているともいえます。

 こうした時代の流れの中で、マーケティング的にみれば、あまり意味をなさない社内調整のためだけの内部的なやりとりに時間を費やしていては、あっという間に外部は自社以外の情報で溢れかえってしまうことになります。今後必要なのは調整役に何人ものメンバーを揃えることではなく、各自が独立、分散した形で多様な情報発信ができる人材とそれを実現するマーケティング体制であるといえるでしょう。そこでは、自らコード化【図:2】ができ、スピーディーに情報発信できる人の数は、多ければ多いほどよいのではないかと思います。

【図2】:クロード・シャノンによる通信経路モデル
(注:1) RSS/Atom Feed
Webサイトの更新告知などに利用されるXMLフォーマットであるFeedには、2つのバージョンとしてRSS(RSS1.0=RDF Site Summary、RSS 2.0=Really Simple Syndication)とAtomが存在する。そのため、RSS/Atom Feedと呼ばれたり、単にFeed、RSSと呼ばれることもある。RSS/Atom Feedは、単一のブログやWebサイトの更新告知を行うだけでなく、特定のキーワードを含む検索結果の情報や、ソーシャルブックマークの人気記事のお知らせなどにも用いられることで、1つの記事を幾重にも複製し、Web上のトラフィック量の増加に大きな影響を与えている。
もどる
(注:2) 指数関数
指数関数とは、「べき乗(累乗)における指数を変数とする」で表される関数で、対数関数の逆関数。複利預金や人口、神経連絡の増殖など、1つの親から複数の子が生まれるようなプロセスにおいては、指数関数的な増加傾向を示すものが多くみられる。IT関連で指数関数的増加傾向を示すものとしては「半導体チップに集積されるトランジスタの数は、約2年ごとに倍増する」というムーアの法則が有名。
もどる

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Web2.0以降の企業情報発信プラットフォームの要件とは何か?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ビジネスマンのための必読オンラインマーケティング塾連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ミツエーリンクス(ミツエーリンクス)

1990年というIT分野の幕開けともいえる時期から、ITビジネス支援事業としてデジタルコンテンツを中心としたユニークなサービスを供給するインフォメーション・インテグレータ。企業に求められるさまざまな要件について、顧客企業さまの経営戦略にもとづくコンサルティング、マーケティング、分析、プランニング、設...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

棚橋 弘季(タナハシ ヒロキ)

芝浦工業大学工学部(建築学専攻)卒。マーケティング・リサーチ、Web開発等の仕事を経て2003年より株式会社ミツエーリンクスに。現在はWebを使ったマーケティングに関する企画や自社サービスの開発に従事。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング