SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

デジタルマーケティング活用の最新事例レポート

エッジの効いた「ブランド体験」でユーザーの「共有」欲を掻き立てる ~ 「FRISK QUIZ」発想のポイント


 先進的な取り組みを行うデジタルエージェンシーが、2か月交代で責任編集を行うこのコーナー「Agency's Choice」。7月~8月はビルコム株式会社が担当。第3回は、フリスクのブランドディングを目的に実施されたキャンペーン「FRISK QUIZ」の事例です。

世界はひらめきに満ちている「FRISK QUIZ」

 今回も、弊社が手掛けたデジタルマーケティングの最新事例をご紹介したいと思います。

 前回、フリスクの新フレーバー「フリスク マスカットミント」の認知拡大を目的として実施された「フリスクさわやかすぎる通勤」プレゼントキャンペーンの事例を紹介しましたが、今回ご紹介するのは、フリスクのブランディング施策として実施された「FRISK QUIZ」の事例です。

ブランド体験とリピート率向上を実現する仕掛け

 「FRISK QUIZ」は、コアターゲットである20代から30代のビジネスパーソンにおける「フリスク」のブランド体験強化を目的に実施した、Webプロモーションキャンペーンです(キャンペーンは終了していますが、クイズは2011年7月31日までお楽しみ頂けます)。

 このキャンペーンでは、フリスクグリーンライムミントのリニューアル発売期間における、ブランド全体の活性化が求められていました。そこで私たちは、フリスクのコンセプトである「Hello,idea」の世界観を体現するため、フリスクを用いた、見る人の「ひらめきを刺激」するクイズをキャンペーンの中心に据えました。

 このキャンペーンのポイントは、2つあります。

  1. エッジの効いたブランド体験:発想力、柔軟性が問われるクイズ内容
    知識がないと解けないクイズではなく、発想力が試されるクイズを用意しました。解答を「ひらめいた」ときに「爽快感」を得られるような、エッジの効いた難問ばかりを揃えることで、クイズを解く行為自体が、フリスクのブランド体験に繋がります。
  2. リピーター化につなげる仕組み:1日1問の出題形式
    クイズを1日1問ずつ出題することで、キャンペーンサイトのリピート率向上を図りました。忙しいビジネスパーソンをターゲットにした際、1日1問であるという簡易性が、参加意欲に繋がると考えました。
「FRISK QUIZ」キャンペーンサイトと告知イメージ
「FRISK QUIZ」キャンペーンサイトと告知イメージ

 さらに、受動メディアとしてOOH(屋外広告など)、能動メディアとしてiPhoneアプリを用意しました。

 結果、キャンペーンサイトの再訪問率が5割以上、平均滞在時間が2分を超え、一定の層からの根強い支持に繋がりました。何度もサイトを訪れ、時間をかけてフリスクに関する問題に挑戦してもらうことで、キャンペーン参加者におけるフリスクのブランド理解の一助となりました。

 ちなみに、このキャンペーンでは自分のクイズ解答順位やIQをTwitterでつぶやいたユーザーを対象に、インセンティブを用意しました。「難問が解けた」という喜びや、「友人にもクイズを解いてもらいたい」というユーザーの「共有」欲を掻きたてることで、ソーシャル上でのクチコミ拡散を狙った格好です。Twitterを活用したクチコミ拡散モデルは、Webでの話題化を考える際には、常に考慮に入れたい点です。

 次回も、デジタルマーケティングの最新事例をご紹介します。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
デジタルマーケティング活用の最新事例レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鳥潟 幸志(ビルコム株式会社)(トリガタ コウジ (ビルコムカブシキガイシャ))

ビルコム株式会社 取締役兼COO。1979年生まれ。 2003年 ビルコム株式会社創業メンバーとして参画。 2005年 ビルコム取締役兼COOに就任。以来、株式会社ユニクロ、協和発酵キリン株式会社、クラシエフーズ株式会社、株式会社BRIDGESTONE、Facebook, Inc.など国内外大手クライア...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/08/23 16:39 https://markezine.jp/article/detail/14122

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング