SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

デジタルマーケティング活用の最新事例レポート

アドネットワークと第三者配信の効果的運用方法


 先進的なデジタルエージェンシーが責任編集を行う「Agency's Choice」。9月は株式会社アウンコンサルティングが担当します。今回は、アドネットワークと第三者配信についてわかりやすくお伝えします。

出稿開始と効果的な運用の実践

 前回のコラムでは、出稿準備から掲載開始までの具体的なフローについて説明しました。今回は、実際に出稿を開始してからどのようにして効果的な運用を実践していくかについて説明します。

 アドネットワークや第三者配信は、詳細なターゲットや配信セグメントができることから、理想的な道具のように思えますが、細かなコントロールが可能な分、可視化されたデータをいかにして活用していくかが非常に重要になってきます。また、各種ツールや機能による「最適化」をより確実に実施するためには、その根本となる母数(ユーザーへのリーチ数)をいかに確保していくかも重要となります。

 そこで、今回は、効率改善の運用方法について、以下3つのフェーズに分けて考えてみたいと思います。

 フェーズ1: 潜在層へのアプローチ

 広告をひとりでも多くのユーザーに届けるための施策です。この数が多ければ多いほど、その後の運用最適化の母数が増え、その確実性が増すことになります。

フェーズ2: 顕在層へのアプローチ

 「キーワード検索= ニーズが顕在化」という前提のもとで、キーワードを検索している能動的なユーザーを対象に広告を露出する施策です。やみくもに露出するのではなく、検索キーワードからユーザーのニーズを把握し、いかに効率的に顕在層に露出できるかがポイントとなります。

フェーズ3: 一度サイトを来訪したユーザーへのアプローチ

 一度サイトを訪れたことがあるユーザーを対象に、広告を定期的に露出させることで効率最大化を図る施策です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
3つの機能を使った施策

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
デジタルマーケティング活用の最新事例レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

アウンコンサルティング株式会社 マーケティングソリューショングループ(アウンコンサルティング カブシキガイシャ マーケティングソリューショングループ)

アウンコンサルティング株式会社 マーケティングソリューショングループ1998年6月8日に設立、1999年にSEOサービスを開始して以来、14年間SEOのトップ企業として2,000以上の企業様にサービスを提供。現在、アジア圏を中心に、東京、沖縄、韓国、台湾、香港、タイ、シンガポールの7拠点を展開し、戦略的なグローバルワイドテールマーケティング(SEM:検索エンジンマーケティング、PPC:検索連動型広告、SMO:ソ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/10/24 11:45 https://markezine.jp/article/detail/16230

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング