SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

デジタルマーケティング活用の最新事例レポート

DSPとSSP ~運用を始める前に考えるべきこと~


 先進的なデジタルエージェンシーが責任編集を行う「Agency's Choice」。8月からは株式会社アウンコンサルティングが担当。注目のアドテクノロジー「DSP」についてわかりやすくお伝えします。

DSPとSSP

 本連載では、近年注目を集めている「DSP」について、運用開始までの具体的フローや効果的な活用方法を紹介します。まずは、その前段階として「DSPとは何か」について説明します。

 DSP(Demand Side Platform)とは、予算管理、入稿管理、掲載面の管理、最適な広告枠の選定など、需要側(Demand Side:広告主側)の広告効果の最大化を支援するツールを指します。2011年頃から注目を集め始めており、とあるDSP提供会社は、提供開始からわずか2か月間で300以上のアカウントが開設されるなど、注目度と期待の高さがうかがえます。

 一方で、DSPと対になって語られるのがSSP(Supply Side Platform)で、複数のアドネットワーク、アフィリエイトなどから最も収益性の高い広告をサイトごと、訪問者ごとに選定して配信する仕組みを指します。これにより、供給側(Supply Side:メディア媒体側)の広告枠販売や広告収益の最大化などが実現可能となります。

 その関係を表したのが上図です。ここに記したリアルタイムビッディング(Real Time Bidding)は入札の仕組みの ひとつで、広告のインプレッションが発生するたびに広告枠の競争入札 を行い、配信する広告を決定する方式のことを指します。

 DSPとSSPは広告主側と媒体側という両極にある仕組みですが、広告効果や広告収益の「最大化」という点では共通している点があります。

注目を集めた背景

 これらの仕組みが注目されたのはなぜなのか。その背景には、以下のようになニーズがあったと考えられます。

●アドテクノロジーの進化により、さまざまなアドネットワークやアドエクスチェンジが参入。管理・運用の煩雑さから、一元管理できる仕組みへのニーズが高まった。

●複数のアドネットワークやアドエクスチェンジを一元管理するだけでなく、より効果的に広告を出稿するため、効果測定を同じ指標で測定する必要性が高まった。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
出稿から運用までのフロー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
デジタルマーケティング活用の最新事例レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

アウンコンサルティング株式会社 マーケティングソリューショングループ(アウンコンサルティング カブシキガイシャ マーケティングソリューショングループ)

アウンコンサルティング株式会社 マーケティングソリューショングループ1998年6月8日に設立、1999年にSEOサービスを開始して以来、14年間SEOのトップ企業として2,000以上の企業様にサービスを提供。現在、アジア圏を中心に、東京、沖縄、韓国、台湾、香港、タイ、シンガポールの7拠点を展開し、戦略的なグローバルワイドテールマーケティング(SEM:検索エンジンマーケティング、PPC:検索連動型広告、SMO:ソ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/10/24 11:45 https://markezine.jp/article/detail/16222

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング