SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「夫の持ち物を内緒で捨てたことある」3割、「リサイクルショップで現金化」も1割

 情報サイト「All About」とサンプルモール「サンプル百貨店」の女性ユーザー3677名を対象に行われた調査によると、「夫の持ち物を処分したい」と感じたことがある女性は約8割。最も捨てたいもの1位は「衣類」で、「本・雑誌」「趣味用品」と続いている。

 処分したいと思う理由としては「収納スペースをとるから」「使っているのをみたことがないから」が多く、居住スペースを占領してしまうことが「いらない物」と認識される、大きな要因となっている。

 また、約3割の女性が「夫の持ち物を内緒で捨てたことがある」と回答。子どもがいる家庭ほど、夫の持ち物の優先度が低くなる傾向が見られた。処分方法は、8割以上が「廃棄した」と回答しており、「リサイクルショップに売った」という声も1割ほど。「こっそりリサイクルショップに持ちこみ、お金にしている。」(40代 パート・アルバイト)、「売ったお金をこつこつ貯めてテレビを買う予定です」(30代 専業主婦)というように、臨時の収入源として活用している家庭も見られた。

【調査概要
・調査期間:2012年4月18日~2012年5月17日
・調査対象:「暮らしのAll About」および「サンプル百貨店」ユーザ
・回収件数:3,677件(女性100%)
・調査方法:インターネット

【関連記事】
妻・夫の携帯番号を「おぼえていない」が6割
持ち歩いている写真、男性2位は「妻の写真」、女性2位は「ペットの写真」
「カフェにスマホ充電サービスがあるとうれしい」女性の約9割
旅行系キーワード、「女性の一人旅」「妊婦旅行」「子連れ旅行」が大幅アップ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/06/19 12:15 https://markezine.jp/article/detail/15885

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング