SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

レコチョク、iPhone向けの音楽配信サービスもスタート

 レコチョクは、Android搭載スマートフォン向けに「レコチョクアプリ」による音楽配信サービスを提供してきたが、今回、Webブラウザ経由での音楽配信サービスに対応することで、iPhone 向けのアラカルト方式による音楽配信サービスを、レコチョクとして初めて提供可能になった。

 サービスの利用には「クラブレコチョク」への登録(無料)が必要。Web上で楽曲を購入したあと、音楽プレイヤーアプリ「レコチョク plus+」でダウンロード・再生が可能となる。ラインナップは、J-POPからK-POP、洋楽、ロック、HIP HOP、R&B、クラシック、JAZZまで100万曲。月額会費は無料で1曲から好きな楽曲を購入することができる。 

 価格は、ダウンロード(シングル)が52円~420円、ダウンロード(アルバム)が300円~3900円、RBT(待ちうた・メロディコール)は21円~210円。 決済方法はクレジットカード 。

 参加予定レコード会社は、アミューズ、EMI ミュージック・ジャパン、エイベックス・マーケティング、日本コロムビア、ソニー・ミュージックエンタテインメント、トイズファクトリー、よしもとアール・アンド・シーなど26社。

【関連記事】
ソニー、PS Vita向けに音楽サービス
「音楽を楽しむために利用したサービス」1位は前年に続いて「YouTube」
著作権手続き不要 アマナイメージ「音素材」にインディーズ音楽配信の『muzie』約500曲追加
Facebookに「聴く」ボタン、音楽をシェア
2011年に売れたアプリ、楽曲は? 「iTunes Rewind 2011」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング