SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電子マネー市場、2012年度には約6兆6000億円と予想

 調査・コンサルティング会社のシード・プランニングは、電子マネー市場の調査を実施した。調査はプリペイド型とポストペイ型の電子マネーを対象とした。電子マネーの利用用途を「ショッピング」と「交通」に分類し、2012年度までの市場規模を推定した。

電子マネー市場は、2012年度には約6兆6000億円

 調査の結果、2006年度の電子マネーの市場規模はショッピングと交通利用を合わせて約5,400億円と推定され、2007年度にはPASMOなど交通利用電子マネーの登場で約1兆8,000億円の市場に急拡大すると推定される。さらに5年後の2012年度には、利用エリアの拡大や利用者の増加によって、電子マネー市場は小額決済市場60兆円の約11%である約6兆6,000億円に成長すると予測される。

2010年度にはショッピング利用が交通利用を追い抜く

 また2007年度は、首都圏私鉄・バス事業者のPASMOのサービスが始まったことをきっかけに、首都圏を中心に非接触IC乗車券の利用が急増し、交通利用だけで1兆円を超えることが予測される。2008年以降も、九州や北海道エリアで、非接触IC乗車券サービスが開始される予定であることから、利用エリアの拡大とともに、非接触IC乗車券の利用は急速に普及していくものと考えられる。

 一方ショッピングについては、2007年度~2009年度は交通利用より少ないが、規格の異なる複数の電子マネーの決済端末が共有化され、使えるエリアが拡大することにより、2010年度以降は交通利用を追い抜き、その後も急速に電子マネー決済が普及していくものと予想される。

プレスリリース:電子マネー市場は2012年度には約6兆6000億円。2010年度にはショッピング利用が交通利用を追い抜く。シード・プランニングが電子マネー関連ビジネスの最新動向を調査 



 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 21:37 https://markezine.jp/article/detail/1604

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング