SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、15分でスマホ最適化サイトが作成できる「東日本ビジネス支援ワークショップ」を開催

 東北地方の中小企業のウェブサイト保有率は16.9%(2011年6月、Google調べ)で、全国平均の24%よりも7ポイント低いという状況を受け、Googleでは、とくに震災による被害を受けた地域の中小企業を対象にワークショップを開催する。

プロジェクトについて説明するグーグル株式会社 執行役員 マーケティング本部長 岩村水樹氏

 ワークショップ内容は、ウェブサイト保有の重要性や事例を紹介した後、「みんなのビジネスオンライン」のサービスを活用し、実際にウェブサイト構築を指南するというもの。

 「みんなのビジネスオンライン」では、自社サイト作成、.jpドメイン取得が無料で可能(サービス開始1年後から、月額使用料発生)。業種別テンプレートを活用して、15分程度でスマホ最適化サイトが構築できる仕組み。

 2012年7月11日には宮城県気仙沼市で試験的に事前ワークショップを開催、36名が参加した。同市長の菅原茂氏は、ワークショップを含めたGoogleの支援について以下のようにコメントしている。

 「現時点で復旧か復興かは意見がわかれるが、震災から1年4ヵ月経った今だからこそ必要なプロジェクト。気仙沼市では、英語・フランス語のFacebookページを運用して売り先を広げ、企業誘致は巨大なものづくりよりも、10人、20人規模の高収益ソフト産業を招いていきたい。これまでになかった発想を実現していくためにも、ITを活用したいろいろなつながりに期待をしている」

「ITでこれまでにない発想を」と語る宮城県気仙沼市長 菅原 茂氏

 Googleでは、東日本支援として「みんなのビジネスオンライン」ほか、「未来へのキオク」「東日本ビジネス支援サイト」などを行なっている。

【関連記事】
「Google アナリティクス」のAndroidアプリが登場
セプテーニ・クロスゲート、スマホ着信課金型で「Google+ローカル」の運用最適化サービスを開始
Googleアナリティクスに、コンテンツを最適化するテストツール「Content Experiments」搭載
Googleマップに、自宅と職場の場所を登録できる機能
Googleの新プロジェクト「SSP Initiative」--コカ・コーラ事例 クロスメディア、メディアバイアス排除、セールスへの広告効果を測定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/31 17:30 https://markezine.jp/article/detail/16151

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング