SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CMオンエアランキング、7月の1位は4か月連続で「花王」【ゼータ・ブリッジ調査】

 ゼータ・ブリッジは、独自のリアルタイムCM自動認識システムを使って、日本テレビ・テレビ朝日・TBSテレビ・テレビ東京・フジテレビの7月度のCMオンエア実績を集計したランキングデータを発表した。

 企業別のランキングは以下のとおり。4か月連続で「花王」が1位。新CMを大量投下したKDDIが上位にランクインしている。トップ20には、夏公開の映画による出稿が増えた東宝、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンがランクインしている。

1位 花王
2位 興和
3位 ハウス食品
4位 キリンビール
5位 資生堂
6位 スズキ自動車
7位 アサヒビール
8位 P&G
9位 NTTドコモ
10位 KDDI

 商品別オンエアランキングでは、グリー、ハウス食品、DeNAがトップ3。出演者別ランキングでは、香取慎吾(SMAP)が1位。2位は武井咲、3位はゴルフの石川遼。ロンドン・オリンピックが開幕した7月は、スポーツ選手の出演が目立ち、なでしこジャパンの澤穂希、体操の内村航平の各選手が上位にランクインしている。

【関連記事】
サントリー&SBMがコラボCM、「BOSS」宇宙人ジョーンズと白戸家が共演
コカコーラ、テレビCMの音を感知してゲームが始まるスマホアプリをリリース
ドミノ・ピザ、CMを一緒に作ってくれる小学生を募集
YouTubeで振り返る2011年 総合ランキング1位は「九州新幹線」の感動CM
テレビよりもオンライン広告の影響が強いのは日本のみ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/08/27 11:20 https://markezine.jp/article/detail/16283

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング