SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

イベントレポート

Google アナリティクスに、O2O解析、CLV・RFM分析、アトリビューション分析など6つの新機能
【続報 「Google Analytics Summit 2012」】

 「Google Analytics Summit 2012」で、「ユニバーサル アナリティクス」というコンセプトを打ち出したGoogle。前回の速報に続いて、今回は開催中に公式ブログで発表された情報などをもとに、Google アナリティクスが実現する新たな解析の世界を紹介します。

Google アナリティクスの革新的な新機能

 前回は、「Google Analytics Summit 2012」の初日のトピックについてレポートしました。その記事でも紹介しましたが、Googleはデバイスやセッションを超える次世代の解析「ユニバーサル アナリティクス(Universal Analytics)」の実現に向かいます。

 2日目のセッションは非公開とされているので、ここではサミット開催中にGoogleが公式ブログで発表した最新情報やヘルプ等の公開情報をもとに、Google アナリティクスが実現する次世代の解析について紹介したいと思います。

6つの新機能

 ユニバーサル アナリティクス では、新しいトラッキングプロトコルによるCRM連携やオフラインデータの連携、ビジターIDを使ったビジタートラッキングが可能になります。Googleは、さらに以下のような新機能を発表しました。

1) 費用データのインポート:広告、メディアの投資対効果(ROI)を可視化する機能
2) 顧客のライフタイムバリュー:顧客のライフタイムバリューを分析する機能
3) 購買頻度や最近の購買状況(RFM分析):頻度と回数でセグメント分析する機能
4) アトリビューション:広告の投資対効果を検証する機能
5) ユニファイドセグメント:ユーザーをカスタムフィルタを使ってセグメントする機能
6) オムニチャネル(OmniChannel):トラフィックを3つに分類し検証できる機能

 また、既存の機能拡張にも注目の発表がありました。マルチチャネル分析の計測期間が90日へ拡張されます。今までは、デフォルトコンバージョンの30日間前に経路を遡って解析できましたが、期間が90日間に拡張され、1‐90日の期間で設定できるようになります。

 2013年はユニバーサル アナリティクスに加え、これらの新機能が展開される予定です。では、これらの機能をどうやって活用するのか、それぞれ見ていきましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
1)費用データのインポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 輝明(ヤマダ テルアキ)

NRIネットコム株式会社DSX推進部副部長2009年にNRIネットコムに入社。デジタルマーケティング事業を立ち上げ、特にGoogleアナリティクス、デジタル広告に関するビジネス拡大に注力。2018年にNRIネットコムから一旦退出し、株式会社MeeCapを設立、スタートアップのCEOとして2年半業務を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/11/12 11:30 https://markezine.jp/article/detail/16700

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング