SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SNSを見て旅に行きたくなる人は87.1%【旅行におけるSNS利用調査】

 フォートラベルは、SNSが年代別にどのように利用されているのか、「旅」との関連性を軸に調査を行った。

 「SNSを見て旅行や外出をしたくなるか」を聞いたところ、全体の87.1%が「旅行や外出をしたくなる」と回答。結果を年代別でみても差はなく、どの年代も8割以上が「SNSを見て旅行や外出をしたくなる」と回答。

 しかしながら、実際にするかどうかについては、年代ごとに大きな差がみられた。SNSを見て実際に旅行・外出をする人は「60代以上」が最も多く、78.3%にのもった。SNSによる情報が、旅行や外出の需要喚起になっているようだ。

 一方、「20代」については、「実際に出かけることがある」人は62.5%と、年代別では一番低い結果に。全世代でSNSが旅への興味関心に強く影響していることが伺えるが、実行するかどうかは年代で開きがあるようだ。

 旅行中のアクションとして、スマートフォンを持っている人に「旅行中スマートフォンを利用してどんなことをするか」と聞いたところ、もっとも多かったのは「写真撮影・記録」(69.1%)。続いて「メールチェック」(64.0%)、観光地やレストラン、交通・気象情報などの「現地情報の検索」(62.3%)の順となった。また、「SNSで現地情報を共有」する人は30.5%に留まった。

【調査概要】
調査期間:2013年3月14~20日
調査対象:フォートラベル会員
有効回答:1,375件

【関連記事】
ドコモ、JTBと共同でスマホ向け旅行サービス提供
「旅行」関連の人気サイトランキング(2013年04月)
日本人旅行者の7割が「モバイル予約が有効」、しかし宿泊施設の現状は?
JTB、2013年の旅行動向見通し発表~週末3連休3回増加の影響は?
グーグル、2012年旅行系キーワード検索動向発表~検索ボリュームは前年比15%増

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/04 15:30 https://markezine.jp/article/detail/17894

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング