SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日経BP社、ビッグデータ活用による日本の製造業の増益効果を最大2兆円と予測

 日経BP社のビッグデータ・プロジェクトは、7月8日、国内企業がビッグデータを活用することで得られる利益拡大規模の予測を発表した。ビッグデータを本格的に活用することで、企業は売り上げ拡大やコスト削減が実現でき、営業利益の拡大につながる。

 日本国内の製造業全体の営業利益の合計値で比較したところ、2012年の営業利益の合計値に対する2016年の増分は最大2兆500億円に達する試算に。流通業を含む卸・小売業についても調査し、同7,200億円の増分が得られると予測した。

 試算には、データの所有権や利用権を軸にした業界内や他の業界との連携の活発化も盛り込んだ。また、企業のビッグデータ活用を支援する製品やソフトウエア、コンサルティング・サービスなどの拡大も同時に進み、情報サービス産業の市場拡大にもつながる見通し。

【関連記事】
デジタルガレージとクレディセゾン、企業育成やビッグデータ事業の業務提携に基本合意
日立、交通系ICカードビッグデータ活用による駅エリアマーケティング情報提供サービス開始
ソフトバンク・テクノロジーと東京理科大学、ビッグデータビジネスの産学連携開始
トヨタ、自治体や企業が利用できる「ビッグデータ交通情報サービス」を開発
「OKWave総合研究所」開設~蓄積したビッグデータを基に、VOC分析等実施へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/07/09 11:30 https://markezine.jp/article/detail/18115

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング