SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、オプトと地域密着型デジタル広告専門会社「電通デジタル・ネットワークス」設立

 電通デジタル・ホールディングスは、オプトの100%子会社であるソウルドアウトと、ソウルドアウトの子会社であるサーチライフとのジョイントベンチャーとして、地域密着型のデジタル広告専門会社「電通デジタル・ネットワークス」(以下「DDN」)を設立し、2014年1月中旬より営業を開始する。

 リスティング広告を中心とする運用型広告は、都市圏の大企業のみならず、地方の中核企業、中小企業に至るあらゆる事業者にインターネットを活用した販促活動を可能にし、その市場の裾野は拡大を続けている。一方で、運用型広告を取り扱っていくためには独自の運用体制と専門的なノウハウが求められるため、一般的な広告会社では十分な体制が確保できず、地方ではクライアントに十分なサービスが提供できているとは言えない状況であった。このような背景から、電通デジタル・ネットワークスの設立に至った。

 今後、電通関係会社のオフィス内に営業所を開設し、電通関係会社の社員とソウルドアウトグループのスタッフでチームを編成し、地域のクライアントに対し費用対効果を最大化する販売促進プランの提案を行っていく。また、クライアントの状況に応じ、電通本社やネクステッジ電通もこれらの協業を支援する。

【関連記事】
電通など、ケーブルテレビx地域情報配信サービスを展開
カカクコム、120の国と地域で商品海外配送に対応開始
オプト、運用型ネット広告のBPO事業会社を共同設立~日本・ASEAN地域で事業展開へ
電通とJTB、観光リーダーを育成する「地域観光マーケティングスクール」を開発
電通など5社が手掛ける「ソーシャルまちおこし」始動~Facebookを活用して地域活性化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング