MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「ニコニコ動画(RC2)」発表会開催、すべての人がニコニコできる日は来るのか?

2007/10/10 00:00

国内最速で成長する「ニコニコ動画」

 「ニコニコ動画(RC2)」の発表会は、ニワンゴの親会社であるドワンゴの小林 宏代表取締役社長が登場して始まった。ネットゲーム、着メロ、そして動画サービスへと次々と新事業を展開し、今年設立10周年となるドワンゴの新たな企業理念を手短に語り、そのベースとなる「ネットに生まれて、ネットでつながる」という考え方を紹介。パソコン通信から生まれた人間関係、それをもとにして誕生した企業だからこそ、ネットサービスをネットの世界の住民に提供していくとして、ニコニコ動画にかける意気込みを語った。

「会社のみんなを現実世界につなぎとめるのが私の役目」と語った小林氏。

 続いて、ドワンゴのニコニコ事業部長、ニワンゴ代表取締役副社長の杉本誠司氏が登場し、ニコニコ動画がスタートしてから現在に至るまでの経緯と、現在の運営状況などを説明。登録会員数100万人を達成するのにかかった時間は、mixiが17.5ヶ月、ヤフーオークションが24ヶ月であるのに対して、ニコニコ動画は最速の2.5ヶ月で達成、国内最速のスピードで成長している。10月9日現在の登録会員数は342万人で、6月から開始した有料会員サービスの登録者数は10万3000人に達しているという。

 また、ニコニコシリーズとして展開しているアマゾンのアソシエイト・プログラムを導入した「ニコニコ市場」によって、ニコニコ動画に貼られているアマゾンの商品点数は、9月20日時点で約18万5000点、すべての動画からアマゾンの商品へのリンク数は約59万8800点に達しているという。また、7月からトップページや動画閲覧ページのバナーを中心に広告販売をスタートし、広告掲載開始3ヶ月目で売上1800万円に成長。今後は代理店ネットワークの構築を主軸にしながら拡販を予定していくという。

ニコニコ動画の歴史を駆け足で振り返った杉本氏。

 また、杉本氏は懸案となっている著作権保護問題や、一部の悪意のあるユーザーに対する措置についても触れ、これまで提供してきた監視体制を強化するとともに、権利者と対話しながら権利保護の取り組みを行うと説明した。また、コンテンツホルダーとの提携を進めながら、新しいビジネスモデルの構築を積極的に進めるとして、これからニコニコ動画で動画を配信するパートナー企業を発表。先日、コンテンツ提供を発表したViacom International Japanをはじめとして、吉本興業グループ、エイベックス・エンタテイメント、エンドレスコミュニケーションズ、TOKYO FMグループ ティーエフエム・インタラクティブ、ショックウェーブ、ランティス、ジェンコの8社を紹介。中でも吉本興業は「よしよし動画(仮)」という名称でオーディションやお笑いライブを配信することが決まっているという。

ひろゆき氏による「ニコニコ動画(RC2)」紹介

 続いて、ニワンゴ取締役の西村博之氏が登場か、と思いきや、照明が一時暗くなり、PRIDEの映像制作で知られる佐藤大輔氏の手によるオープニング映像が映し出された。西村氏のインタビュー映像や「ねこ鍋」などの動画作品を交えた迫力ある映像が数分にわたって流れ、会場が笑いに包まれた。

迫力のオープニング映像(画像は複数のシーンを合成)。
会場に姿を見せた小飼弾氏は質疑応答のときに
「これニコニコ動画にアップしてくれますよね?」とリクエストし、会場は爆笑。

 映像終了と同時に、ようやく西村氏が登場し、10月10日午後6時からサービスを開始する、「ニコニコ動画(RC2)」の新機能などについて紹介を行った。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5