SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ツイキャス」「Vine」は10代で人気傾向か【動画配信・共有サービス調査】

 リビジェンは、「動画配信・共有サービス」についての調査を実施した。

各サービスの認知度

 知っている動画配信・共有サービスについて質問したところ、最多は「Youtube」で96.2%であった。次いで「ニコニコ動画」が67.8%、「TwitCasting(ツイキャス)」が23%、「Vine(ヴァイン)」が9.6%となり、「このなかに知っているものはない」は1.4%となった。

 Youtubeは全年代で認知度が9割超と高かったのに対して、他3つのサービスは各年代で特徴が見られた。「ニコニコ動画」は10代(63.3%)、20代(72.6%)、30代(64.9%)となり、「TwitCasting」は10代(39.2%)、20代(21.9%)、30代(12.7%)、「Vine」は10代(22.5%)、20代(6.5%)、30代(4.2%)となった。

視聴・閲覧経験

 視聴・閲覧したことがある動画配信・共有サービスについて質問したところ、最多は「Youtube」で95%に。次いで「ニコニコ動画」が52.6%、「TwitCasting」が15.4%、「Vine」が8%となり、「このなかに視聴・閲覧したことのあるものはない」は2.6%となった。

投稿・配信経験

 投稿・配信したことがある動画配信・共有サービスについて質問したところ、最多は「Youtube」で18%であった。次いで「ニコニコ動画」が5.8%、「TwitCasting」が4.6%、「Vine」が0.8%となり、「このなかに投稿・配信したことのあるものはない」は2.6%となった。

好きな投稿者の有無

 好きな投稿者・配信がいる動画配信・共有サービスについて質問したところ、最多は「Youtube」で45.8%という結果に。次いで「ニコニコ動画」が20%、「TwitCasting」が5.6%、「Vine」が3.6%となり、「このなかにはない」は42%となった。

各サービスの比較

 TwitCastingの利用経験者に、どのような点が楽しい・面白いと感じるかについて質問したところ、「Twitterで仲良くなった人が見に来てくれるところ(15歳・中学生・男性)」「ニコ生より手軽で簡単で、暇潰しにはなる(16歳・高校生・女性)」「携帯一つで簡単に配信できるところ(16歳・高校生・女性)」などの声があった。

 またVineの利用経験者に、どのような点が楽しい・面白いと感じるかについて質問したところ、「6秒だけなのに動画でストーリーみたいなのが観られて楽しいところ(16歳・高校生・女性)」「短時間の動画のため手軽に見られる(24歳・専門学生・女性)」「海外と繋がりが多いところ(18歳・高校生・女性)」という声があがった。

【調査概要】
調査手法:スマホリサーチ(スマートフォンを使用したインターネット調査)
調査対象:全国の10~30代の一般男女(アンケートアプリ「スマモニ」会員)
有効回答数:500サンプル
調査期間:2014年1月6日11:37~12:10
調査地域:全国
実施期間:リビジェン

【関連記事】
吉本興業、オンラインタレント・クリエイター発掘・育成プラットフォーム「OmO」スタート
オプト、動画マーケティング支援専門組織「オンラインビデオ事業本部」設立
今年人気の動画は「恋チュン」「ベッキー妹」、5000本以上の映像を振り返る「Yahoo!映像トピックス アワード2013」
トライバルメディアハウス、YouTube活用動画マーケティング支援サービス開始
6秒ループビデオが楽しめるTwitterのスマホ動画共有アプリ「Vine」が日本語化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング