SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サザビーズとeBayがオンラインオークションで連携、アートコレクターのモバイルシフトに対応

 何百億円もの名画が落札され、ハンマーの音が響く。そんなシーンをテレビや映画で見たことがあるだろう。世界的なオークションハウス「Sotheby's(サザビーズ)」は、オンラインのオークションサービス「eBay」との提携を発表した。

 全世界に1億4500万人のアクティブなバイヤーがいるeBayのプラットフォームに、サザビーズはテナントとして出店。宝石や時計、版画、ワイン、写真、20世紀のデザインなど、18のカテゴリでコレクションを出品する。将来的には、サザビーズのグローバルなセールスルームでリアルタイムに行なわれる入札と同様のオンラインオークションも視野に入れている。

 今回の取り組みは、アート作品を買うコレクターたちのデバイス環境の変化に対応するためのもの。華やかなオークションハウスを利用するコレクターの多くが、高額のアイテムをオンラインで、それもモバイルで購入しているという。

 サザビーズのウェブサイトへのモバイル経由での訪問者数は伸びており、2012年と2013年では2倍に増えている。モバイルトラフィックは2014年に同社サイト全体の25%を占めると見られている。一方のeBayは、190か国、1億4500万人のバイヤーの40%がモバイルを利用。同社は2008年に0だったモバイルの売上を2013年に200億ドルにした実績がある。

 グローバルなアート市場規模は650億ドルとみられており、オンラインの売上は他のラグジュアリーアイテムの平均よりもはるかに低い。両社は、オンラインの売上を2020年に130億ドルにまで成長させるとしている。

【関連記事】
ヤフー、eコマース事業新戦略~「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」ストア出店料が無料に
宅配ネットクリーニング「リネット」、ヤフオク!落札者向けサービス提供へ
eBayと日本郵便、国際通販・オークションサービスで提携
米国富裕層のモバイルショッピング平均額は628ドル
FJMエージェント、中国で展開する日本商品専門サイトのターゲットを中間富裕層まで拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/15 12:54 https://markezine.jp/article/detail/20505

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング