SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Jストリーム、コンテンツホルダー向け音楽ストリーミング配信サービス提供へ

 Jストリームは、コンテンツホルダー・コンテンツプロバイダーが独自に「音楽ストリーミング配信サービス」によるビジネス展開ができる「SecureCast Plusストリーミング配信オプション」の提供を開始した。サービス提供の前段階より、すでに複数の顧客とサービス開始に向けた準備が進行している。

 デジタル音楽市場は、iTunesなどで好きな楽曲を単曲もしくはアルバム単位でダウンロード購入する「ダウンロードサービス」が長く主流であった。その後、月額固定で聞き放題(サブスクリプション型)が基本の「ストリーミングサービス」が登場し、最大手のSpotifyは全世界で4,000万ユーザー、有料会員1,000万ユーザーを突破している。また、Amazon.comが6月にサービスを開始し、ビーツミュージックを買収したアップル、YouTubeも参入を予定しており、音楽配信ビジネスは世界的に大きな変革期を迎えている。世界的に市場が急拡大している音楽ストリーミング配信サービスは、日本でも今後の市場拡大が予想されている。

 「SecureCast Plusストリーミング配信オプション」では、コンテンツのストリーミング配信だけでなく、Android・iOSの両方に対応するWeb(HTML5)ベースの音楽プレイヤーも提供。コンテンツホルダー・コンテンツプロバイダーは専用プレイヤーの開発やストリーミング専用設備の新設が不要で、他社のプラットフォームに依存せずに独自の音楽ストリーミング配信サービスを開始できる。また、短期間でも利用でき、期間限定のファンサービスやキャンペーン特典としての音楽ストリーミング配信も可能だ。

【関連記事】
Spotifyが2つの動画広告をローンチ、モバイルでCMを見ると30分間広告なしで音楽が聴ける
スマホにかざすと音楽が流れる!ソニー、「M-CA MUSIC」カード発売
音楽ライブをスマホで楽しむ傾向は10代で顕著に【音楽ライブと音楽視聴に関する調査2014】
アップルがBeats2社を30億ドルで買収、ヘッドフォンと定額制音楽サービスを手中に
聴いてる音楽をスマホで判定、すぐにシェアできるFacebookの新機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング