SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂生活総研が22年間の生活者観測データを公開、特設サイトもオープン

 博報堂のシンクタンクである博報堂生活総合研究所(以下、生活総研)は、22年間隔年で実施してきた生活者意識の定点観測調査『生活定点』を無償一般公開(フリーダウンロード、二次利用可能)した。

 『生活定点』調査は生活総研のオリジナル定点観測調査。同じ地域(首都圏・阪神圏)、同じ対象者設定(20~69歳の男女)に向けて、同じ質問を継続して投げ掛け、その回答の変化を時系列で観測している。項目数は約1,500項目に及び、衣食住、恋愛・結婚、消費、メディア接触、社会意識など、生活者のあらゆる領域を網羅している。

 今回の公開にともない特設サイトも開設。データ分析が身近でなくとも、データに触れて、発見や発想のヒントを得られる各種コンテンツが用意されている。なお、同サイトはチームラボが制作協力をしている。

【関連記事】
日立と博報堂、ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査を実施
博報堂生活総研が「生活者発想人倶楽部」発足、生活者起点の暮らしのアイデアを公開
PR TIMES、広告プロモーション動画を専門に紹介するWebメディア「BuzzGang」を公開
YouTuberになるには?グーグル、「YouTube クリエイターになろう」サイト公開
ヤフー、手軽にソーシャルメディアの投稿を検索できる新機能「なう検索」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/22 15:00 https://markezine.jp/article/detail/21189

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング