SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

第0回アキバ15秒CMコンテスト開催 クリエイターからの投稿を募集

 「らーめん缶」を仕掛けた自動販売機メーカーの株式会社フジタカと、動画制作&共有サイト「FrameFreeStage」、以下「フレフリ」)を運営する株式会社モノリスは、自販機動画配信システム(モニタン)を活用して、東京・秋葉原の街を活性化させる動画広告の作品を、2007年11月19日より12月18日の1ヶ月間にわたり「第0回アキバ15秒CMコンテスト」として募集。優秀作品は秋葉原・八重洲・京橋エリアに20台設置されているモニター付き自販機「モニタン」にて配信される。

 「最優秀作品賞」賞金10万円とアキバグルメ缶、「お店CM賞」賞金5万円とアキバグルメ缶、「アキバ賞」賞金5万円とアキバグルメ缶のほか、参加したサイトユーザーにも抽選で賞品が当たる。

 このコンテストは、秋葉原の地域密着型PRを一般クリエイターを巻き込んで展開していこうと企画されたもの。動画制作・共有サイト「フレフリ」を投稿の場とするが、特別なプロ用ツールがなくとも、同サイトでツールをダウンロードすれば静止画などから制作も可能なので、誰でも作品制作と応募ができるとしている。

 作品テーマは、秋葉原のショップなどの広告主から提供された画像を使ってCMを制作する「お店CM部門」(規定部門)と、自らのアキバに対する思いや、過去・現在のアキバ、そしてアキバの未来に対する期待などをCMとして表現するというテーマのみが決まっている「アキバ部門」(自由部門)があり、審査員に元祖「アキバの女王」こと声優でシンガーソングライターでもある「桃井はるこ」と、プロレスラーでアキバに造詣が深い「獣神サンダー・ライガー」を迎える。

 コンテスト詳細についてはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング