SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クラウドファンディング「Makuake」、アイシャドウを作る企画がツイートをきっかけに若者の支持拡大

 サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」は、2014年12月24日、「赤ずきん」をイメージしたアイシャドウを作るためのプロジェクトを開始したところ、1月24日時点で支持者が1737人を越え、国内のクラウドファンディング史上最高の支援者記録を樹立した(サイバーエージェント・クラウドファンディング調べ)。

 このプロジェクトは、ものづくり集団「作るよ」が人気イラストレーターTCB氏デザインの「赤ずきん」をイメージしたアイシャドウを製品化するというもの。プロジェクト発足のきっかけは、2014年6月にTCB氏がTwitterでアイシャドウのアイデアを投稿したこと。

 大人びた表情の赤ずきんのイラストと、インパクトのあるキャッチコピーの投稿が若い世代から共感を得て、約1万件のリツイートをされるなど大きな話題を呼び、それを見た「作るよ」が製品化を提案。「Makuake」でのプロジェクト開始にいたった。

第二弾は「不思議の国のアリス」をイメージしたアイシャドウ
第二弾は「不思議の国のアリス」をイメージしたアイシャドウ

 本プロジェクトは開始からわずか5日で目標金額の調達に成功、現在でも若い世代を中心にサポーターが増え続けている。2月中旬からは「Makuake」にて、第2弾となる「不思議の国のアリス」のアイシャドウを製品化するためのプロジェクトを開始予定だ。

 TCB(ティーシービー)氏は、Twitterのフォロワーが5万4千人を超える、若い女性を中心に人気を集めるイラストレーター。シリアスなイラストからコミカルなものまで幅広いイラストは多くのファンの心をつかんでいる。同氏の作品は、イラストコミュニケーションサービス「pixiv」で見ることができる。

【関連記事】
ファンケル、セブン&アイ・ホールディングスと化粧品を共同開発
カネボウ化粧品、20ブランド横断でプライベートDMP「MOTHER」導入
世界が注目する日本の人気作家が集結 究極のイラストレーター・ファイル『ILLUSTRATION 2014』
ローソンが「Tokyo Otaku Mode」に特設ページ、コスプレやイラスト投稿で海外の認知度アップ
重さは1キロ、「pixiv年鑑」発売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング