SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

渋谷にお酒を飲みながらマンガが読めるサロンを! HONZがクラウドファンディングを実施

 マンガHONZは、数多く出版されるマンガの中から埋もれている良著をすくいあげて紹介することを目的とした団体で、代表は堀江 貴文氏、編集長はコルク代表の佐渡島 庸平氏。今回、良作マンガと読者がリアルに出会える場として、お酒と軽食を楽しみながら読書のできるカフェ マンガサロン「トリガー」のプロデュースを行う。

 開店に向けて、目標金額800万円でクラウドファンディングを実施。募集期間は2015年3月18日から5月20日まで。店舗を開設する場所は渋谷から徒歩5分で、店舗の運営は株式会社サーチフィールドが行う(6月上旬オープン予定)。店舗は56.2平方メートル(約34畳)、最大30席ほどで、落ち着いた大人の空間になる予定だ。利用料は1ドリンク+チャージ500円(会員はチャージなし)で、年会費と飲食代で店舗運用を行う。

 「トリガー」には、年間1,000冊以上の漫画を読むマンガHONZレビュワーが厳選した3000タイトル以上をそろえ、マンガHONZレビュワー内でもトップの読書量を誇る永田希、兎来栄寿の両氏が交代で常駐し利用者の趣味嗜好にあわせた最適な一冊をおすすめし、手に取る機会がなかったマンガと出会うきっかけ(トリガー)を作る場を目指す。

【関連記事】
個性の光るカフェを探せるアプリ「CafeSnap」公開~規模縮小する個人経営カフェの認知・集客目指す
飲んだ感想を分析、次回はもっと好みに合ったコーヒーをお届け!カフェイネイトのコーヒー宅配サービス「Cupping Table」
グノシー、キュレーションアプリ初のコミック配信
最も頻繁に利用しているマンガアプリは?「comico」が「マンガボックス」を押えてトップに
「LINE マンガ」、1,000万DL・累計売上49億円突破!新たなマンガ流通プラットフォームへ
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/18 15:00 https://markezine.jp/article/detail/22151

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング