SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイクロソフト、PC・サーバーのレンタル事業者向けライセンスプログラムを大幅拡大

 マイクロソフトは、PCやサーバーのレンタルを行う事業者対象に、マイクロソフト製品のレンタル利用を許諾するサービスプロバイダ向けライセンスプログラム「SPLA(Services Provider License Agreement)2.3」の提供を開始した。

 マイクロソフトはこれまで、一部のレンタル事業者のみを対象とする「デスクトップレンタルプログラム」によって限定的なレンタル利用を許諾してきたが、「SPLA 2.3」によって、Windows Vista、2007 Office systemなど、PCやサーバーのレンタル事業においてニーズの高いほぼすべてのマイクロソフト製品を提供。これによって、従来対象外とされてきたオペレーティングシステムを含めたマイクロソフト製品のレンタル事業を行う事が可能となる。

【関連リンク】
プレスリリース:「レンタル事業者を対象に追加したサービスプロバイダ向けライセンスプログラムの提供開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/12/06 14:57 https://markezine.jp/article/detail/2274

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング