MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コープネットが顧客分析基盤に「SAS Marketing Automation」採用、個客対応を強化

2015/08/03 11:30

 生活協同組合連合会コープネット事業連合(以下、コープネット)は、同社の顧客分析基盤にSAS Institute Japanが提供する「SAS Marketing Automation」を採用した。

 コープネットは、組合員の利用価値向上に向けマーチャンダイジングと、組合員「個人」を軸としたマーケティングの仕組み構築に挑戦してきた。今回の導入は更なるマーケティングアプローチの改善を目的としたもの。これにより、同社では商品DNAとライフスタイルセグメンテーションなどの分析が可能となる。また、週次で変化する商品とカタログの構成に応じた、クロスチャネル・マーケティングの実現が期待できる。

【関連記事】
ジャックスが「SAS Marketing Automation」を導入、マーケティングを一層高度に
SAS、オムニチャネルの意思決定基盤「Customer Intelligence」最新版を国内提供
フランス国鉄、SASのビッグデータ分析を活用して乗降客の行動分析
SAS、ビッグデータのリアルタイム分析を実現する「SAS Event Stream Processing Engine」提供
SAS、デジタル広告の最適な在庫管理を実現するソリューションを日本国内でも提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5