SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

はてながセカンドライフ? 3D仮想空間サービスとミニブログを日米同時リリース

 はてなと米Hatenaは、2つの新サービス「はてなハイク(Hatena Haiku)」と「はてなワールド(Hatena World)」をクローズドベータサービスとして、日米同時に公開した。

 「はてなハイク」は、ある「お題=任意のキーワード」に対してユーザーがひとことずつ書き込みを行いながらコミュニケーションを楽しむミニブログサービス。たとえば、「晩ご飯」というキーワードと共に「あつあつ鍋に生ビール、たまりません」といった一言を書くことによって、他のユーザーがそれに反応していく。また、ユーザーIDをキーワードに設定してプロフィールとして利用したり、URLにコメントしてブックマーク的に使うこともできる。

「はてなハイク」では、筆のアイコンをクリックすると、
絵を描くための入力フォームが表示され、フリーハンドの絵を描くことができる。

 もうひとつ、同時にリリースされた「はてなワールド」では、世界地図の上で自分の描いたキャラクターを操作して、3Dの仮想空間で世界中の人々とコミュニケーションを楽しむサービス。会話ウィンドウを使ってキャラクター同士で会話を楽しむことができるうえに、交わされた会話は、会話ログ機能によって会話ページがHTMLで保存し、あとから閲覧することもできる。

「はてなワールド」では、作ったキャラクターを他人と共有することもできる。

 「はてなハイク」と「はてなワールド」は、どちらも思わずやってみたくなる楽しいサービス。こんなサービスを2つ同時にリリースする、はてなという会社に評価の印「はてなスター」をプレゼントしたくなる。はてなは、2つのサービスをクローズドベータサービスとして、参加者を限定して公開してから、正式サービスリリースを目指す。

【関連リンク】
プレスリリース:「はてな、二つの新サービスを公開 クローズドベータサービスで日米同時リリース」
はてなハイク
はてなワールド
「はてな米国法人ついに始動、新サービス「はてなスター」と「はてなメッセージ」日米同時リリース」
「日米はてな、「はてなスター」をOpenID対応に」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング