SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

VRで一番体験したいのは「観光」関連のコンテンツ/体験のハードルは価格と場所【Viibar調査】

 動画マーケティングを支援するViibarは、20代から60代までの男女1,207名を対象にVR(バーチャルリアリティ)に関する調査を行った。

VRで一番体験したいコンテンツは「観光」

 VRで一番体験したいコンテンツを聞いたところ、「観光」に最も回答が集まった。そして2位以下は「エンタメ」「音楽」「アニメ」と続いた。

体験したいVRコンテンツ
体験したいVRコンテンツ

体験あり・なしで大きく変わるVR機器購入の許容価格

 家庭用VRヘッドセットなどのVR機器に関し、VR経験者は未経験者よりも価格の許容度が高いことがわかった。

家庭用VR機器購入の許容価格(上:経験あり 下:未経験)
家庭用VR機器購入の許容価格(上:経験あり 下:未経験)

VR体験のきっかけは、TV番組とイベント

 VRを体験したことがある人にきっかけを聞いたところ、約半数が、VR体験のきっかけはテレビやイベントであると回答した。

VRのハードルは価格

 どうすればVRを体験したいと思うかという質問に対し、約半数が「値段が安い、または無料で体験できる」場合には体験してみたいと回答した。

【関連記事】
VRサービスのハコスコ、KDDIやavexなどとVRプロモーション事業で提携
TBS-IP、クラウドソーシング事業のMUGENUPへ出資~VRや360度動画の共同研究も視野
フジテレビとグリー、VR領域のサービスおよび事業開発を行う共同プロジェクト始動
モバイル商取引の9割スマホ/アプリのCVRはモバイルウェブより120%高い【Criteo調査】
「Logicad ダイナミッククリエイティブ」、人材サービスに最適化した広告商品をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/10 09:30 https://markezine.jp/article/detail/24560

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング