SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

人気があるのはYouTubeやニコ動だけじゃない、ソニーの動画共有サービス「eyeVio」は画質で高評価

 アイシェアは、動画共有サービスに関する、認知度およびサイト評価について調査を行い、男女744名から有効回答を得た。まず、「閲覧したことがあるサービス」についてたずねたところ、トップ10は以下のようになった。

 1位 YouTube (84.6点)
 2位 ニコニコ動画 (48.8点)
 3位 AmebaVision (7.3点)
 4位 Dailymotion、字幕.in (4.9点)
 6位 eyeVio、FlipClip (2.4点)
 8位 Askビデオ (1.6点)
 9位 ワッチミーTV (1.6点)
 10位 RAGUUN、ドガログ (0.8点)

 1位のYouTubeは圧倒的だが、「ニコニコ動画」や「字幕.in」など、動画に字幕をからめたサービスも人気がある。さらに、見るだけでなく「会員登録しているサービス」については、1位「ニコニコ動画」、2位「YouTube」、3位が「Dailymotion」と「AmebaVision」となっている。

 また、動画の再生品質については、「最も画質が美しい(綺麗)と感じた動画共有サービス」は、1位「YouTube」、2位「eyeVio」、3位「ニコニコ動画」。「最も動画がスムーズに表示された動画共有サービス」は、1位「YouTube」、2位「eyeVio」、3位「ニコニコ動画」となり、いずれもソニーの動画共有サービス「eyeVio」が2位と高い評価を得ている。

ソニーの「eyeVio」は、「美しさ」と「スムーズ表示」で高評価。

 「最もコンテンツ内容が楽しめる動画共有サービス」としては、1位「YouTube」、2位「ニコニコ動画」、3位「eyeVio」となり、「家族で利用(閲覧)したい動画共有サービス」では、1位「YouTube」、2位「ニコニコ動画」、3位「eyeVio」となった。

 動画共有サービスの代名詞ともいえるYouTubeが幅広い支持を得ているが、このランキングを見てはじめてその存在を知った動画共有サービスも多いはず。最近では、動画だけでなく、写真やファイルなども共有できるYourFileHostなどのサービスも、これらの動画サービスに匹敵する人気を集めているという。今後はより自分のライフスタイルや嗜好に合った動画共有サービスを選択していく人たちが増えていくかもしれない。

【関連リンク】
YouTube&ニコ動で1000000回再生!耳コピ演奏の達人「スタインウェイの人」松澤健さんインタビュー
ひろゆき氏と開発スタッフによる 今だから話せる「ニコニコ動画」開発秘話
ニフティ、YouTubeなど国内外84の動画投稿サイトから8500万本を横断検索する動画検索サービスをスタート
政界にネット動画ブーム? 社民党もYouTubeチャンネル開設
ぐるなび、YouTubeで料理動画の配信サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/01/18 14:50 https://markezine.jp/article/detail/2497

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング