MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂、デジタルプロダクト開発のリアクタージャパンと業務提携~事業のデジタル化を統合的に支援

2016/11/02 08:30

 博報堂は、デジタルプロダクト開発スタジオのリアクタージャパンと業務提携し、企業の新規事業開発や既存事業のデジタル化の統合支援サービス「Innovation Generator for Enterprise(イノベーション・ジェネレーター・フォー・エンタープライズ)」を提供する。

 同サービスは、企業の新規事業アイデアワークショップからプロトタイピング開発、ローンチ後の成長計画の立案や、既存事業のデジタルテクノロジーを用いた再開発テーマ設定や事業計画策定などをワンストップで提供、統合的に支援するもの。

業務フロー例
業務フロー例

 リーンスタートアップの手法を用いるため、従来の新規事業開発よりスピーディーに、よりリスクを最小化したコスト効率の高い開発が可能となる。なお、課題や要望に合わせて全プログラムの提供も、部分的な提供も対応が可能。

 フィンランドに本社を置くリアクターは、IoTサービス開発やロボット/人工衛星などを開発する技術とノウハウを企業に提供している。同社の日本支社と博報堂が業務提携することで、リアクターのテクノロジーによってアイデアを具現化する力と、博報堂のアイデア開発手法やネットワーク力などを掛け合わせたサービスの提供が可能となった。

【関連記事】
野村総合研究所、NRIデジタルを設立~グループ各社と連携し企業のデジタル化を支援
デロイト、日系企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するコンサルティングを提供開始
博報堂と博報堂プロダクツ、VR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」設立
博報堂アイ・スタジオ、日本マイクロソフトのAI・機械学習を活用したコグニティブサービス提供
博報堂×LINE、スマートフォン調査パネル活用した調査研究プロジェクト「若者インサイトラボ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5