SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Viibar運営のメディア「bouncy」、動画コマースに参入~DMM.makeのプロダクト販売

 動画製作やマーケティング支援などを行うViibarが運営する、テクノロジーやガジェットなど、最先端の情報をスマートフォンでユーザーに届ける動画メディア「bouncy(バウンシー)」が動画コマースに本格的に参入することを発表した。さらに、プロダクトの流通、マーケティングに特化したFacebookページ「bouncy STORE(バウンシーストア)」を1月20日よりオープンした。

 「bouncy」は、これまでも国内外のテクノロジーやガジェット、クリエイターの情報などを中心に、スマートフォンでの視聴に最適化した動画フォーマットで配信。2016年2月16日のローンチ以降順調に成長を続け、Facebookファン数は約27万人、動画再生数は月間約2,000万回を記録している。

 今回、視聴者の「プロダクトを購入したい」という要望に応える形で、より購買訴求に直結した動画コンテンツの配信を開始した。DMM.makeなど、bouncyが扱うテーマと親和性の高いプロダクトを販売している事業者とパートナーシップを組み、売上促進を狙う。

 具体的には、bouncyのコンテンツとしても人気が高かった光るスマートフットウェア「Orphe」や、ポケットサイズのドローン「DOBBY」など、編集部厳選のプロダクトを「bouncy STORE」にて紹介。視聴者は、動画の下部に表示されるリンクをクリック後、パートナー企業の販売ページで実際に商品を購入することができる。

 今後Viibarは、さらにパートナー企業を増やし視聴者のニーズに応えると同時に、魅力的なプロダクトやハードウェアスタートアップの接点拡大に努めていく。

【関連記事】
マイクロアド、DSP「SoftBank Ads Platform」で動画広告配信サービス提供へ
UUUM、人気動画クリエイターとファンのイベント「U-FES.TOURをTwitterで生放送
動画マーケティング支援するViibar、日経と提携
約7割の親は、オンライン動画きっかけに子どもに何かを買っている【Viibar調査】
Viibar、Yahoo! JAPANのデータもとに動画広告の制作サービスをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/01/31 10:30 https://markezine.jp/article/detail/25986

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング