SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ヤフオク!」、フリマ感覚での売買を容易にする機能を導入

 ヤフーが運営するオークションサービス「ヤフオク!」は2月2日、スマートフォンとPCを含めた全デバイスで、定額出品なら月額会員費無料で利用できる「フリマ出品」を導入した。

 また、今回の「フリマ出品」にあわせ、定額商品だけを探せる「フリマモード」も導入し、フリマ感覚での売買が容易になった。

 「ヤフオク!」は1999年にサービスを開始。現在、出品されている商品は常時約5,000万個あり、オークション形式の商品だけでなく、すぐ買える定額商品も常時約2,600万個取り扱っている。

 スマートフォンの普及や各社のフリマアプリの台頭をきっかけに、若年層を中心に個人間(CtoC)取引はますます拡大している。

 そのような環境下で「ヤフオク!」は2016年6月、スマートフォンアプリ限定で定額出品なら月額会員費無料で出品できる「ワンプライス出品」機能を導入していた。

 「ワンプライス出品」の利用者が多かったことを受け、ヤフーは機能の名称を「フリマ出品」と変更。スマートフォンアプリ限定だった同機能をインターネットブラウザ上からも利用可能とし、「フリマ出品」であれば、どのデバイスからも月額会員費無料で出品ができる機能として刷新した。

 また、「ヤフオク!」が従来より提供しているオークション形式での出品は、ヤフーの月額会員サービス「Yahoo!プレミアム」への入会が必須となっている。

【関連記事】
伊藤忠商事、『はこBOON mini』をリリース~ファミマで「ヤフオク!」商品の受け取り可能に
アタラ、ヤフーのPreferred Partnerに認定
ヤフー、Yahoo!プロモーション広告の運用効率化支援制度を開始
メルカリ、YouTuberタイアップ動画を展開~転換率は通常広告からのユーザーより30%高い
メルカリ、Webサイトからも出品可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/02/02 17:00 https://markezine.jp/article/detail/26007

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング