SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フジテレビと日本マイクロソフト、クラウドとAI 技術で連携 動画投稿サイトに両技術を活用

 フジテレビと日本マイクロソフトは、新しい視聴者体験を提供するクラウドおよびAI技術で連携することを発表した。同連携の第一弾として、「DREAM FACTORY (以下、ドリファク)」の基盤に日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、その動画配信機能とAI機能を活用した新しい視聴者体験サービスを展開する。

 ドリファクは、再生数ランキング形式の動画投稿サイト。動画が公開されると同時にSNS上でURLとサムネイルが発信され、投稿者はそのURLを拡散することで自身の作品を宣伝することが可能になっている。また、フジテレビによる映像チェックの後に公開するため、権利侵害もなく安全性も高い。

 今回の取り組みでフジテレビは、ドリファクの配信基盤にMicrosoft Azureの動画配信サービスMedia Servicesを採用した。さらに、Cognitive Servicesと動画にAIを応用するサービスのAPI群のMedia Analyticsをドリファクに実装し、自動字幕生成機能を2017年7月1日より英語・中国語・スペイン語・フランス語から、順次提供を開始する。

 これにより、動画の音声が自動でテキスト化されるだけでなく、最大9か国語に自動翻訳されていくことを目指す。

【関連記事】
Twitter、「Periscope」で配信したライブ動画への広告配信可能に
ADFULLY、ネイティブ広告枠で動画広告の配信が可能になるサービスを提供開始
Link-U、動画分割配信サービス「VaLa」をリリース 隙間時間の視聴を意識
キリンビール、タッチしながら楽しめる動画を公開 スマホならではのビアカルチャー体験を演出
レシピ動画サービス kurashiru運営のdely、総額30億円の第三者割当増資を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング