SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヘルスケアアプリ「カロミル」が食事画像認識AIを搭載 食事内容をスマホで撮影すると栄養素を算出

 ライフログテクノロジーは、ヘルスケアアプリ「カロミル」に自社開発の食事画像認識AIを搭載した。「カロミル」は、日々の食事や運動を記録・管理できるダイエットアプリ。

AIによる食事画像認証の一例
AIによる食事画像認証の一例

 同社は、カロミルを通してユーザーから取得した食事画像と自社が保有する食事画像を合わせた約20万件を用いて機械学習プログラムを開発。テストとして、15,000件の食事画像を選び、開発した画像認識AIに料理判定させたところ、その識別率は82%となったという。

 カロミルユーザーのスマートフォンの写真フォルダとカロミルアプリを連動させると、食事管理に登録したい食事内容をスマートフォンで写真撮影するだけで、アプリ内で食事として判別され栄養素が自動的に算出され蓄積されるようになった。写真を撮影しておけば、後日食事を登録することも可能。

【関連記事】
楽天生命、2月より女性向け体調管理アプリ「楽天キレイドナビ」の運営を開始
マニュライフ生命、 ウォーキングアプリ「Manulife WALK」を提供スタート
ネットイヤーグループとVeeva Japan、ライフサイエンス業界のデジタルマーケティング支援を強化
ドコモ・ヘルスケアとDeNAライフサイエンス、歩くとdポイントがたまるアプリ「歩いておトク」提供
アクセンチュアとアドビが提携拡大~ライフサイエンス、ヘルスケア、金融業界のデジタル変革推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング