SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

巨人戦チケットを自宅のパソコンで発券できる「チケットGIANTS」3月スタート

 2008年度シーズンから開始するジャイアンツ戦の新たなチケット購入窓口「チケットGIANTS」では、インターネットから自宅などで発券ができる「PC発券サービス」とオペレータが電話でチケットの予約を受ける「コールセンター」の2つのサービスを導入する。

 「PC発券サービス」は、ジャイアンツ公式ホームページ(http://www.giants.jp/)から直接チケットの申し込みと購入をしたあと、そのまま自宅やオフィスなどのプリンタでチケットを印刷することができる。支払いはクレジットカード決済。これによって、チケットの配送やコンビニなどで受け取る手間がなくなり、送料、システム利用料、発券手数料なども一切かからない。また、日本語以外でのチケット購入も可能となる。

 サービス開始は3月1日の午前10時からで、対象となるのは東京ドームの巨人軍主催全63試合。チケットを購入することができるのは、希望する試合の一般発売日の午前10時から試合開始の1時間後まで。たとえば、4月2日の中日戦(午後6時試合開始)の場合は、3月1日(土)午前10時から4月2日(水)午後7時までが購入可能期間となるので、一般発売日のスケジュールの確認は忘れずに。

 また、「チケットGIANTS」のコールセンターでは、オペレーターに対してチケットの予約ができるほか、「ネットや携帯は使いこなせない」「自動音声式の電話申し込みはどうも苦手」という、“アナログ派”の野球ファンに対応してくれるので安心だ。

【関連リンク】
日テレ、今年の巨人戦はワンセグでも中継
「ハンカチ王子」新聞・雑誌・TV・WEB合わせて100億円突破
今年のスーパーボウルは、テレビを見ながら検索している視聴者をねらえ!
IOC、北京五輪参加選手にブログを書く権利を認める
スピルバーグ氏、北京五輪の芸術顧問を辞任?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/21 09:30 https://markezine.jp/article/detail/2751

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング