MarkeZine(マーケジン)

記事種別

一般企業ではサントリーが1年ぶりのトップに【Webブランド調査2017ー秋冬】

2017/12/21 08:30

 日経BPコンサルティングは、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2017ー秋冬」を実施した。同調査は、Webサイトのリニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響を明らかにするもので、12月20日に調査報告書を発行・発売した。

 同調査では、今回からWebブランド指数(以下、WBI)の算出方法を一部改訂し、企業の事業活動や技術・取り組みへの「理解」「関心」を測る「態度変容:企業活動」を新設。来訪経験者のWebサイト上での行動を測る「コンバージョン」とWebサイト外での行動を測る「波及効果」を、「行動喚起」スコアとして統合した。これにより、WBIを構成する指数は「アクセス頻度」「サイト・ユーザビリティ」「サイト・ロイヤルティ」「態度変容:製品・サービス」「行動喚起」「態度変容:企業活動」の6指数となった。

Webブランド指数 総合ランキングトップ20
Webブランド指数 総合ランキング トップ20

 今回、調査対象500サイト中の総合ランキングで第1位となったのは「Yahoo! JAPAN」。第2位は「楽天市場」、第3位は「Amazon.co.jp」だった。「Yahoo! JAPAN」は6指標全てでスコアが低下しており、特に「態度変容:製品・サービス」「行動喚起」「態度変容:企業活動」の低下が目立った。しかし、「アクセス頻度」が高いことを背景に、「サイト・ユーザビリティ」「サイト・ロイヤルティ」でいずれも500サイト中トップを獲得し、総合第1位を堅持した。

一般企業編 Webブランド指数ランキングトップ10
一般企業編 Webブランド指数ランキングトップ10

 次に、一般企業サイトのトップ3は「サントリー」「ヤマト運輸」「森永乳業」という結果に。サントリーは「態度変容:企業活動」スコアが大きく伸び、WBIを牽引した。サントリーは、2016年秋冬のサイトリニューアル時からコーポレートメッセージ「水と生きる」を訴求した動画をメインビジュアルに採用しており、動画を活用した企業活動の打ち出しが浸透してきた可能性がある。

「態度変容:企業活動」スコアランキングトップ20
「態度変容:企業活動」スコア ランキングトップ20

 また新設した「態度変容:企業活動」スコアでランキングトップを獲得したのは、「日立製作所」。第2位に「ファイザー」、第3位に「GSK グラクソ・スミスクライン」がランクインした。同スコアの上位ランキングでは、BtoB/BtoC共に展開する電機・電子メーカーや製薬メーカー、食品・飲料メーカーが目立った。いずれのサイトでも技術力や研究・開発のコンテンツが来訪者の目に留まりやすく、企業活動の理解から関心喚起につながっていると見られる。

【調査概要】
調査手法:ネット調査
調査対象:全国、20歳以上のネットユーザー(日経BPコンサルティングの提携調査会社の調査モニター)
有効回答数:35,868件
調査対象ブランド:企業や団体が運営する日本の主要500サイト
調査期間:2017年10月10~17日
調査企画/実施:日経BPコンサルティング

【関連記事】
最も評価が高い日本のWebサイトは?/一般企業は「ヤマト運輸」が1位
「Webブランド調査2012―秋冬」~楽天が総合首位に返り咲き、一般企業トップはサントリー
「Webブランド調査2012-春夏」発表 サントリー、McDonald’s Japanがトップ10入り
離脱の原因はどこにある?Kaizen Platform、「サイト健康診断サービス」の提供開始
サイトデザインのレビュー管理ツール「brickサイトレビュー」、タグ設置追加なしで利用可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5