MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソネット・メディア・ネットワークス、顧客の可視化に貢献する「VALIS-Cockpit」の提供を開始

2017/12/20 17:00

 ソネット・メディア・ネットワークスは12月19日、マーケティング最適化ソリューション「VALIS-Cockpit」(ヴァリス‐コクピット)の提供を開始した。

 近年のデジタルマーケティングは、自社データと外部データの連携など複合化が進み、膨大なデータ量による分析、データ処理が課題となっている。また、データ取得から可視化、分析、設計、実行、検証までの一連のサイクルにおける一元化、高速化、自動化が求められている。

 「VALIS-Cockpit」は、同社が開発した人工知能「VALIS-Engine」を搭載し、マーケティングの一元化・自動化を実現したマーケティングハブ。膨大なユーザーデータからユーザーインサイトを発見し、ターゲットの特定とコミュニケーションメッセージの最適化を行う。さらに同社DSP「Logicad」と連携することによってマーケティングROIの最大化を実現する。

 主な機能としては、「スコア分析」「カスタマージャーニーグラフ」、「ペルソナ分析(タグクラウド分析)」の3つだ。1つ目の「スコア分析」は、登録したユーザーの条件(商品購入など)を「VALIS-Engine」が分析し、スコア順にどのくらいのユーザーボリュームがあるかを可視化。さらに、性別・年代のユーザーがどのぐらいのシェアを占めているかを表示することができる。

 2つ目の「カスタマージャーニーグラフ」は、スコア分析などで条件に合致するユーザーが過去どのような情報を探していたかを可視化。時系列またはユーザー単位でのデータを見ることができるため、ユーザーの特徴的な行動をもとに、コミュニケーションタイミングの最適化やマーケティングシナリオ作成の材料を導き出す。

 3つ目の「ペルソナ分析(タグクラウド分析)」は、条件に合致するユーザーが“何に興味を持っていたか”をキーワードで可視化。ユーザー行動の背後にある意図をキーワード化するとともに、興味度の強弱をキーワードの大小で表現することで、ペルソナ分析やコミュニケーションメッセージの材料を明らかにする。

 なお、今回の提供開始にあたり同社は、ソニーグループ企業のほか複数社においてテスト運用を実施し、各機能を利用した効果検証を行っている。

【関連記事】
Datoramaがエム・データの「TVメタデータ」連携 TV・デジタル広告と売上等を一元的に可視化
VR・AR内のユーザー行動を可視化しマーケティングに活用!オプト、新プラットフォームを共同開発
Adjust、平均値ではなく個別ユーザー単位の獲得コストを可視化するAPI発表 InMobi等と連携
広告効果測定ツール「ウェブアンテナ」と「ユーザグラム」、AMPの計測に対応
インテージ、都道府県別テレビ視聴実態を可視化する視聴データの提供開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5