MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通、タウンWiFiと資本業務提携 位置情報データに強みを持つパートナーとの提携を加速

2018/04/04 14:00

 電通は、公衆Wi-Fi自動接続アプリを提供するタウンWiFiとの資本業務提携を実施した。同社は、3月に提携したGroundTruthのテクノロジーやプラットフォームとタウンWiFiのアプリを連携させることで、GPSによる緯度・経度情報とWi-Fiによる位置情報を組み合わせ、より高精度な位置情報に基づく広告配信を実現していく。

 現在、タウンWiFiが提供するアプリは、国内50万ヵ所の公衆Wi-Fiへの接続が可能で、約250万人に利用されている。またタウンWiFiは、同サービスを通じて蓄積した多様なPOI(Point of Interest)情報を基に、Wi-Fi接続時にアプリへ表示するポップアップを通じ、購買に近いタイミングでの情報提供を行っている。

 同社は、タウンWiFi、GroundTruthのそれぞれが保有するデータを組み合わせることで、タウンWiFiのアプリのみならず、外部アプリに対しても最適なタイミングで最適なターゲット層に広告を配信することが可能になる。

 今後同社は、GroundTruthが保有するデータに加え、ウネリーやタウンWiFiのように位置情報データに独自の強みを持つパートナーとの提携を加速し、位置情報マーケティングを国内で展開していく。

【関連記事】
電通、ビーコンネットワーク運営のunerryと提携 位置情報マーケティングを強化
Evory、ユーザーの位置情報を活用したジオターゲティング広告配信の提供を開始
電通、米位置情報マーケティング会社と提携 来店/来場の判定技術に強み
プロファイルパスポートと商圏分析GISが連携 人口統計×位置情報の分析強化
電通ライブとバスキュールが音声ARシステムを開発~位置情報に基づいた音声情報の提供等が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5