SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、タウンWiFiと資本業務提携 位置情報データに強みを持つパートナーとの提携を加速

 電通は、公衆Wi-Fi自動接続アプリを提供するタウンWiFiとの資本業務提携を実施した。同社は、3月に提携したGroundTruthのテクノロジーやプラットフォームとタウンWiFiのアプリを連携させることで、GPSによる緯度・経度情報とWi-Fiによる位置情報を組み合わせ、より高精度な位置情報に基づく広告配信を実現していく。

 現在、タウンWiFiが提供するアプリは、国内50万ヵ所の公衆Wi-Fiへの接続が可能で、約250万人に利用されている。またタウンWiFiは、同サービスを通じて蓄積した多様なPOI(Point of Interest)情報を基に、Wi-Fi接続時にアプリへ表示するポップアップを通じ、購買に近いタイミングでの情報提供を行っている。

 同社は、タウンWiFi、GroundTruthのそれぞれが保有するデータを組み合わせることで、タウンWiFiのアプリのみならず、外部アプリに対しても最適なタイミングで最適なターゲット層に広告を配信することが可能になる。

 今後同社は、GroundTruthが保有するデータに加え、ウネリーやタウンWiFiのように位置情報データに独自の強みを持つパートナーとの提携を加速し、位置情報マーケティングを国内で展開していく。

【関連記事】
電通、ビーコンネットワーク運営のunerryと提携 位置情報マーケティングを強化
Evory、ユーザーの位置情報を活用したジオターゲティング広告配信の提供を開始
電通、米位置情報マーケティング会社と提携 来店/来場の判定技術に強み
プロファイルパスポートと商圏分析GISが連携 人口統計×位置情報の分析強化
電通ライブとバスキュールが音声ARシステムを開発~位置情報に基づいた音声情報の提供等が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/04 14:00 https://markezine.jp/article/detail/28187

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング