SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DACHD、クリエイティブテクノロジーの研究開発組織を始動 グループ横断で成果を活用

 D.A.コンソーシアムホールディングス(以下、DACHD)は、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムおよびアイレップのグループ各社での横断組織「D.A.Consortium Holdings’ Creative Technology Lab(以下、CTL)」を発足した。同組織では、次世代のクリエイティブテクノロジーの研究開発を行う。

 クリエイティブにもデータやテクノロジーが活用され、その表現方法の進化が加速度を増す中、DACHDは、オーディエンスデータを活用したダイナミッククリエイティブ、ユーザビリティや広告効果の予測をもとにしたクリエイティブ、制作プロセスを自動化・効率化するソリューションなどのクリエイティブテクノロジーを研究開発してきた。その研究成果をグループで活用するため、今回のグループ横断組織CTL発足に至った。

 CTLでは、広告主や広告会社が抱える、デジタル広告のプランニング・制作・オペレーションなどの効果と効率化向上に関する課題を解決するために、以下の4つの領域において研究開発に取り組む。

(1)クリエイター領域
・キャンペーン管理、制作進行、ワークフロー管理
・インフルエンサー等を活用したクリエイティブ制作
・データドリブンクリエイティブなど

(2)プランナー/ストラテジスト領域
 ・メディアに合わせたクリエイティブのプランニング
 ・運用戦略立案サポートなど

(3)アナリスト/データサイエンティスト領域
・クリエイティブのアセットごとの効果分析
・クリエイティブ効果の予測モデルなど

(4)トレーディングデスク領域
・オーディエンスデータとクリエイティブの組み合わせを最適化する運用方法の開発など

 

 上記領域における取り組みの他、CTLは、博報堂の「スダラボ」や東京大学やハノイ工科大学をはじめとする各大学との共同研究などのオープンイノベーションを活用して、未来のデジタル広告の在り方を研究するDACHDの「DAC Open Innovation Lab」とも連携し、研究開発を推進する。

【関連記事】
DAC、テンセントと戦略的パートナーシップを締結 インバウンド・アウトバウンドの広告出稿ニーズに対応
DAC、Google Cloud Platformのパートナーに認定 製品開発で培ったノウハウ活用
DACのDMPとアクティブコアの「activecore marketing cloud」が連携を開始
電通デジタルと電通、AI活用してクリエイティブ開発を行う組織を発足
サイバーエージェント、理研と産学連携 広告クリエイティブの自動生成に関する研究強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/05/28 12:45 https://markezine.jp/article/detail/28501

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング