MarkeZine(マーケジン)

記事種別

第一興商、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay」をビッグエコーに導入

2018/06/08 08:00

 第一興商とNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、6月13日より首都圏・札幌・大阪・京都のビッグエコーを中心とする25店舗に、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」を導入する。国内向けに、LINEが提供するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」での支払いにも対応していく。

 「WeChat Pay」は、テンセントグループが運営し、中国のSNS「WeChat」で提供されるモバイル決済サービス。中国国内では100万以上の加盟店が加入しており、日本でも1万以上の店舗が導入している。

 NTT Comがマルチ決済アプリケーション「StarPay」を店舗決済用タブレットに導入することで、ビッグエコーの顧客は「WeChat Pay」や「LINE Pay」での支払いが可能となった。訪日中国人をはじめとしたインバウンド対応や、専用クーポンの提供などによるロイヤリティの向上が狙いだ。

 また、キャッシュレスによる決済業務の簡略化を実現することで、店舗運営の効率化にも貢献する。

 今後両社は、「WeChat Pay」「LINE Pay」の利用状況に応じて、導入店舗を順次拡大する見通し。なかでも「WeChat Pay」を利用した顧客に対しては、店舗公式アカウントへの誘導やクーポン配信などのプロモーションの実施を検討していく。

【関連記事】
DAC、テンセントとパートナーシップを締結 インバウンド・アウトバウンドの広告出稿ニーズに対応
全日空商事とエスキュービズム、訪日外国人誘致の担当者向けメディア「インバウンド NOW」を開始
ヤフーのアプリ「Yahoo! JAPAN」にて、実店舗でのスマホ決済機能がリリース
東京都内3店舗のローソンでセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験がスタート
イオン、Visaのタッチ決済を導入 店員にカードを渡すことなく決済可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5