MarkeZine(マーケジン)

記事種別

トヨタ自動車とUberが協業を拡大 自動運転技術を活用したライドシェアサービスの開発促進へ

2018/08/28 14:00

  トヨタ自動車(以下、トヨタ)とUber Technologies(以下、Uber)は、自動運転技術を活用したライドシェアサービスの開発促進および市場への投入を目指し、両社の協業を拡大することで同意した。この実現に向けて、両社の持つ技術を搭載したライドシェア専用車両を、Uberのライドシェアネットワークに導入する。

 また、トヨタはUberに対し5億ドルを出資する。

 両社が自動運転技術の今後を見据える際に、規模の拡大という意味で今回の協業は重要なものになる。加えて両社は、協業を通じ導入する量産型の自動運転車両の運営や、第三者を含む運営会社についても検討していく予定だ。

 なお、トヨタのミニバンであるシエナが、最初の自動運転モビリティサービス「Autono-MaaS(※)」専用車両となる。Autono-MaaS車両は、コネクティッドカーの基本的な情報基盤として機能する「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」に常時接続するとともに、Uberの自動運転キットとトヨタのガーディアン(高度安全運転支援)システムを搭載。両社はこの車両を、2021年にUberのライドシェアネットワークに導入する予定である。

(※)Autono-MaaS:Autonomous Vehicle(自動運転車)とMaaS(Mobility-as-a-Serviceモビリティサービス)を融合。トヨタによる自動運転車を利用したモビリティサービスを示す造語。

【関連記事】
ヤマト運輸とDeNA、自動運転社会を見据えた次世代プロジェクト「ロボネコヤマト」の対象エリアを拡大
トヨタ、NVIDIAのAI技術を採用~自動運転車の市場導入を加速
DeNA、横浜市と「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」スタート
DeNAとヤマト運輸、自動運転活用を見据えたサービスの実用実験開始~2018年には自動運転の導入も
ヤフーがSBドライブへ出資、自動運転分野に本格参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5