MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通等、動画媒体・コンテンツを厳選した「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始

2018/09/07 14:30

 電通、電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズのグループ3社は、インストリーム動画広告においてプレミアムな媒体とコンテンツのみを配信対象とするインストリーム運用型広告サービス「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始した。

 同サービスでは、広告掲載先をプレミアム媒体に厳選。掲出する動画コンテンツを広告主によって厳しく管理されたものに限定することで、アドフラウドやブランドセーフティといったネット広告における価値既存の問題を克服する。

 また、広告の掲出先となる媒体は民放のキャッチアップ配信やプレミアムな媒体を保有する企業のみ。今回連携した企業は、毎日放送、テレビ朝日、朝日放送テレビ、関西テレビ、GYAOの5社だ。

 コンテンツの取り扱いについては、有力な媒体社によって管理された動画コンテンツであること(ユーザー投稿型の動画ではないこと)、適法であること(違法なアップロード動画ではなく、著作権・肖像権などの処理がなされていること)の2つの条件がある。

【関連記事】
脳波で感情を可視化!ドゥ・ハウスが電通サイエンスジャム、TVCと「ニューロマーケティング」をリリース
電通デジタル、ワイヤードビーンズと連携 Salesforce Commerce Cloud事業を強化
電通、アミクスデジタルを買収 オーストラリアのデータマーケティング事業を強化
動画はサクッと、流行には敏感だけど冷めるのも早い?イマドキ女子のスマホ事情【インテージ調査】
想定している広告動画の尺は「1分未満」が32.8%/実写とアニメ、想定予算は?【プルークス調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5