SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通等、動画媒体・コンテンツを厳選した「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始

 電通、電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズのグループ3社は、インストリーム動画広告においてプレミアムな媒体とコンテンツのみを配信対象とするインストリーム運用型広告サービス「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始した。

 同サービスでは、広告掲載先をプレミアム媒体に厳選。掲出する動画コンテンツを広告主によって厳しく管理されたものに限定することで、アドフラウドやブランドセーフティといったネット広告における価値既存の問題を克服する。

 また、広告の掲出先となる媒体は民放のキャッチアップ配信やプレミアムな媒体を保有する企業のみ。今回連携した企業は、毎日放送、テレビ朝日、朝日放送テレビ、関西テレビ、GYAOの5社だ。

 コンテンツの取り扱いについては、有力な媒体社によって管理された動画コンテンツであること(ユーザー投稿型の動画ではないこと)、適法であること(違法なアップロード動画ではなく、著作権・肖像権などの処理がなされていること)の2つの条件がある。

【関連記事】
脳波で感情を可視化!ドゥ・ハウスが電通サイエンスジャム、TVCと「ニューロマーケティング」をリリース
電通デジタル、ワイヤードビーンズと連携 Salesforce Commerce Cloud事業を強化
電通、アミクスデジタルを買収 オーストラリアのデータマーケティング事業を強化
動画はサクッと、流行には敏感だけど冷めるのも早い?イマドキ女子のスマホ事情【インテージ調査】
想定している広告動画の尺は「1分未満」が32.8%/実写とアニメ、想定予算は?【プルークス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/07 14:30 https://markezine.jp/article/detail/29206

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング