SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

顧客に応じた効果的な接客を実現!インティメート・マージャー、ShowTalkとのデータ相互連携を開始

 インティメート・マージャー(以下、IM)は、セールスチャットの開発・販売などを行うShowTalkとデータの相互連携を開始した。

 Webサイトで利用される代表的なWeb接客ツールには、「有人チャット」と「BOT」がある。一般的に「有人チャット」は、ユーザーの満足度が高い一方、高額なため、すべてのユーザーに適用するのは効率が悪い。また、これらのWeb接客ツールを使用するまでもなく、ネット広告のみでコンバージョンするユーザーも存在する。そのため、ユーザーごとに効果的と推測される接客を行うことができれば、マーケティング費用の適正配分が実現する。

 そこでIMは、セールスチャット「ShowTalk」が保有するデータの提供を受けるとともに、同社が保有するオーディエンスデータの一部を「ShowTalk」に提供。このデータ相互連携により、IMが保有するデータを通じて、ShowTalk導入サイトのユーザーが「ネット広告」「有人チャット」「BOT」のどれでコンバージョンする確率が高いのかを推測することが可能に。ユーザーごとにサイト訪問時の対応を変えることによって、獲得率の向上を狙うことができる。

【関連記事】
ネオマーケティングがインティメート・マージャーと提携 ブランドリフト効果の分析サービスをリリース
インティメート・マージャー、IoT機器を含むクロスデバイス推定技術を開発
インティメート・マージャー、BtoBマーケティング向けのサービス「Select DMP」を提供開始
グレイプとニッポン放送、アドテクを活用し年末特番企画の発信へ 拡散とユーザーデータの取得を同時に実現
チャットコンシェルサービス「ShowTalk」がAIによる回答候補サポート機能を実装

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/12 13:30 https://markezine.jp/article/detail/29708

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング