MarkeZine(マーケジン)

記事種別

顧客に応じた効果的な接客を実現!インティメート・マージャー、ShowTalkとのデータ相互連携を開始

2018/11/12 13:30

 インティメート・マージャー(以下、IM)は、セールスチャットの開発・販売などを行うShowTalkとデータの相互連携を開始した。

 Webサイトで利用される代表的なWeb接客ツールには、「有人チャット」と「BOT」がある。一般的に「有人チャット」は、ユーザーの満足度が高い一方、高額なため、すべてのユーザーに適用するのは効率が悪い。また、これらのWeb接客ツールを使用するまでもなく、ネット広告のみでコンバージョンするユーザーも存在する。そのため、ユーザーごとに効果的と推測される接客を行うことができれば、マーケティング費用の適正配分が実現する。

 そこでIMは、セールスチャット「ShowTalk」が保有するデータの提供を受けるとともに、同社が保有するオーディエンスデータの一部を「ShowTalk」に提供。このデータ相互連携により、IMが保有するデータを通じて、ShowTalk導入サイトのユーザーが「ネット広告」「有人チャット」「BOT」のどれでコンバージョンする確率が高いのかを推測することが可能に。ユーザーごとにサイト訪問時の対応を変えることによって、獲得率の向上を狙うことができる。

【関連記事】
ネオマーケティングがインティメート・マージャーと提携 ブランドリフト効果の分析サービスをリリース
インティメート・マージャー、IoT機器を含むクロスデバイス推定技術を開発
インティメート・マージャー、BtoBマーケティング向けのサービス「Select DMP」を提供開始
グレイプとニッポン放送、アドテクを活用し年末特番企画の発信へ 拡散とユーザーデータの取得を同時に実現
チャットコンシェルサービス「ShowTalk」がAIによる回答候補サポート機能を実装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5