MarkeZine(マーケジン)

記事種別

気象データ×AIで需要を予測!エクサウィザーズと日本気象協会、新たなソリューションの共同開発に着手

2018/11/20 15:45

 AIを利活用したサービス開発などを進めるエクサウィザーズと、日本気象協会は、気象に関わる産業革新と社会課題の解決を目的に、AIなどのテクノロジーを活用した気象ソリューションサービスの共同開発を行う。

「需要予測サービス」イメージ
「需要予測サービス」イメージ

 今回、エクサウィザーズが持つ「機械学習・深層学習などのAI解析力」と、2017年度から「需要予測」を事業として展開してきた日本気象協会が共同開発を行うことで、従来よりも高精度な需要予測モデルを構築することが可能になる。

 両社が共同開発する「需要予測サービス」を活用することで企業は、廃棄ロスや機会損失の削減、在庫管理の適正化などを図ることができる。これによって、売上高の向上や業務の高度化・効率化、生産性向上の実現に貢献する。

 同サービスは、気象環境下でのリスク軽減を検討している企業を対象に、まずは「商品需要予測」の分野から展開。今後は、「ヘルスケア」「防災」などの分野における様々なデータと気象データの連携も視野に入れている。これによって、多くの企業・個人が幅広い領域で活用できる「気象データのAIプラットフォーム化」を目指す。

【関連記事】
天気に合わせて広告を自動配信!電子チラシサービス「Shufoo!」に気象ターゲティング広告が登場
天気や気温に合わせた広告配信!ヴァル研究所、「気象連動型広告」をリリース
気象情報をAiriが教えてくれる!ウェザーニューズ、GoogleアシスタントにAI音声アプリを提供
インテージ、日本気象協会と需要予測で連携 全国小売店パネル調査と気象情報の統合的分析が可能に
ゼロスタート、ノーチラス・テクノロジーズと提携し「販売予測システム」をリアル店舗向けに提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5