MarkeZine(マーケジン)

記事種別

動画配信市場の規模推計、前年比19.5%増 Netflixなどが牽引【GEM Partners調査】

2019/02/20 13:00

 GEM Partnersは、2018年の動画配信(VOD)市場の推計と、2023年までの市場規模に関する予測を行った「動画配信(VOD)市場5年間予測(2019-2023年)レポート」を発行。調査結果を発表した。

2018年の動画配信市場の市場規模推計

タップして拡大
タップして拡大

 同社が行った消費者調査の結果を基に、2018年の動画配信市場の規模を推計すると、前年比19.5%増加という結果に。2017年の市場規模1,850億円(デジタルコンテンツ協会発表)を基に、2018年の市場規模を算出したところ、2,211億円であった。

 このうち、定額制動画配信(SVOD)のシェアは市場全体の76.0%、レンタル型動画配信(TVOD)は13.5%、動画配信販売(EST)は10.6%と推計された。

 また、最も市場規模が大きい定額制動画配信(SVOD)について、サービス別に推計したところ、6位「Netflix(+2.5)」、4位「DAZN(+1.8)」、11位「Abemaビデオ(+1.6)」の成長率が、他のサービスと比較して大きかった。

動画配信市場の市場規模将来予測

 同社は、消費者調査の結果に加え、日本と米国における動画配信の普及実績を踏まえ、2023年までの動画配信市場の規模を試算。2018年から2023年にかけて年平均6.3%で成長し、2023年には3,000億円まで拡大する見込みであると発表した。

 また、DVD・BDの販売およびレンタル市場が、過去と同じ割合で減少していくと仮定した場合、動画配信とDVD・BDを合計した市場での動画配信のシェアは、2023年の時点で52.2%になり、DVD・BDの販売およびレンタル市場のシェアを上回ると予測される。

【調査概要】
調査方法:同社の「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート(2018 年10 月調査版)」「VOD ラインナップ分析ツール」、総務省統計局「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」、総務省「通信利用動向調査」、デジタルコンテンツ協会「動画配信市場調査レポート」、 日本映像ソフト協会「映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査」、および各社IR、報道発表資料、Web サイト掲載情報を用いて分析。

【関連記事】
1位はNetflix!NTTコム オンライン、動画配信サービス業界のNPSベンチマークを調査
マクドナルド、フリーWi-Fi使ったデジタルサービスの配信を開始~第一弾はKingとNetflix
4Kテレビ「ビエラ」のリモコンにAbemaTVのボタンが搭載!ワンプッシュで視聴可能に
AbemaTVが電通、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携/広告拡販、コンテンツ調達を強化
博報堂DYMPなど4社、TVerやGYAO!を掲出先とした運用型インストリーム動画広告サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5