SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IAB、ビデオ広告フォーマットのガイドラインを発表

3年ぶりにガイドラインをバージョンアップ

 オンラインメディアおよびネット広告代理店の業界団体Interactive Advertising Bureau(IAB)のデジタルビデオ委員会と業界数社は、2005年に発表したガイドラインを改訂し、"Digial video Ad Format Guidelines and Best Practices"として、4月3日にリリースした。

 新しいガイドラインの目的は、ビデオ広告の売買プロセスを単純化するために、ビデオ広告のフォーマットを分類・整理し、その仕様を明確にすることでビデオ広告の利用を推進しようというもの。ガイドラインはプレイヤーによって再生表示する「インストリーム広告(in-stream ad)」のみを対象として、以下の3つに分類している。

・リニアビデオ広告(Linear video ad)
コンテンツ再生の先頭(プレロール)、中間(ミッドロール)、最後(エンドロール)に、テレビCMのように再生表示されるビデオ広告。

・ノンリニアビデオ広告(Non-linear video ad)
コンテンツ再生と並行して、再生画面上にある広告スペースにテキスト・画像・ビデオをオーバーレイ(重ねて)表示する広告

・コンパニオン広告(Companion ad)
リニアビデオ広告とノンリニアビデオ広告のオプションとして組み合わせて表示する広告。再生画面の周囲に、テキスト広告、ディスプレイ広告、スキンといった形で表示される。

ビデオ広告、4つのベストプラクティス

 ガイドラインでは、これらのフォーマットをどのように活用すればよいかを、4つのパターンで示して推奨している。

1. リニアビデオ広告(+コンパニオン広告)
コンテンツの先頭・中間・最後に再生される通常のリニアビデオ広告。オプションとしてコンパニオン広告を表示する。

2. リニアビデオ・インタラクティブ広告
リニアビデオ広告再生中に、視聴者がボタンを押したり、情報を入力するなどのアクションを誘導するもの。

3. ノンリニアビデオ・オーバーレイ広告
コンテンツにオーバーレイ表示される、通常のノンリニアビデオ広告。

4. ノンリニア・ノンオーバーレイ・インビテーション広告
ビデオ再生画面上にオーバーレイ表示されるが、3とは異なり、その表示は再生画面の外部に属する。コンテンツへのオーバーレイ広告が許されない場合に使用する。

 16ページのPDFとして公開されたガイドラインでは、わかりやすい画面の例とあわせて、広告の挿入ポイントや、表示時間、クリックイベント、サイズなどを定義している。付録には、デジタルビデオ広告の用語解説も付いているので、非常に便利なガイドラインとなっている。

【関連リンク】
頭打ちのCPM、景気後退、ピリっとしない動画広告…どうなる?今年の米オンライン広告業界【Avenue A | Razorfishデジタルレポート】
動画CMの視聴後にアンケートに移行できる「Flash動画CMアンケートシステム 」のASPサービスがスタート
YouTube、動画広告収入を得られるパートナープログラムを公開
「MSNビデオ広告」に新フォーマット「MSN Times Ad」登場

"Digital Video Ad Format Guidelines and Best Practices"(PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/04 20:00 https://markezine.jp/article/detail/3069

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング