MarkeZine(マーケジン)

記事種別

朝日放送、電通らAIカメラを活用したスポーツ映像配信を実験 撮影コスト約10分の1で広告を自動挿入

2019/07/09 12:10

 朝日放送グループホールディングス(以下、朝日放送グループHD)、西日本電信電話(以下、NTT西日本)、朝日新聞社、電通および日宣は、AIを用いてスポーツの自動中継を実現するカメラシステムを手がけるイスラエル企業「Pixellot Ltd.(ピクセロット)」のAIカメラを活用したスポーツ映像配信事業に関する共同実証実験を開始する。AIカメラによるスポーツ配信事業の事業化が狙い。

Pixellotによる撮影イメージ
Pixellotによる撮影イメージ

 Pixellot Ltd.が開発する「Pixellot」とは、円柱状の無人撮影カメラで、AIによる自動撮影や編集機能を備え、高解像度で撮影する。スタジアムなどの競技施設に設置し、AIが自動でカメラワークを行うことで、撮影コストを約10分の1に抑えることができる。また、動画内や動画と動画の合間に広告を自動挿入することも可能。

 「Pixellot」は現在、サッカー、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボールなど12競技の撮影に対応しており、「オートプロダクション」モードでは、本物のカメラマンが撮影しているかのような、自然なカメラワークになるという。

実証実験イメージ
実証実験イメージ

 実証実験にあたっては、朝日放送グループHDが全体をマネジメントし、事業化の可能性を検証する。朝日新聞社も動画配信ビジネスモデル構築に向けた検討を進める。電通は動画配信ビジネスモデル構築に向けたコンテンツ開発や広告システムを検討し、日宣はケーブルテレビ局に対する事業化の実現可能性の検証を行う。

【関連記事】
ソフトバンク、フジロックで5Gのプレサービス提供 VRでライブ映像を視聴可能&混雑情報の配信も
ソフトバンク、ヤフオクドームで5Gを用いたVR観戦実験に成功 今後は購買体験の創出なども視野に
楽天、「次世代スマートスタジアム」実現に向けた5G実証実験を実施 ドローンがサービス提供
JAL・KDDI・KDDI総研、5Gを用いた空港サービスの実証実験を開始
NTTデータ経営研究所、スポーツ観戦の楽しさやエンゲージメントの可視化に向け共同で実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5