SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

データセクション、ソーシャルリスニングツールにTwitterの競合アカウントを分析する新機能を追加

 データセクションは、マーケターや商品開発者、広告エージェンシー向けのソーシャルリスニングツール「Insight Intelligence Q(インサイトインテリジェンス キュー)」の新機能として、「競合Twitterアカウント分析ツール」の提供を開始した。

 これにより、従来は自社アカウントについてしか行えなかった多面的な分析を、競合アカウントについても行うことが可能に。競合アカウントの成功パターンを分析し、自社アカウントの運用に採り入れるといった施策を実現できる。また同機能を通じて、投稿傾向やファン層などの特徴が自社ブランドにマッチするマイクロインフルエンサーを把握することも可能だ。

「競合Twitterアカウント分析ツール」の画面イメージ
「競合Twitterアカウント分析ツール」の画面イメージ

 具体的には、競合アカウントの投稿活動の傾向を把握する「アクティビティ分析」や、競合アカウントに対するフォローやリツイートなど、他のユーザーによるエンゲージメントの傾向を確認する「エンゲージメント分析」が提供される。

【関連記事】
データセクション、ソーシャルリスニングツール「Insight Intelligence Q」を提供
データセクション、広告のコピー文を自動生成するシステムを開発 LIFULLのサービスで運用開始
レッジ、データセクションと共同で「番組告知ツイート自動生成ツール」の運用を開始
AIがリアルタイムでスパム投稿を監視・削除!データセクションが新ソリューションをリリース
データセクションら4社、アイドルのTwitterアカウント投稿代行をAIで実験

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング