SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニールセン スポーツ、スポーツファンの行動と態度を可視化する新プラットフォームを提供

 ニールセン スポーツは、スポーツファンの関心事項やメディア視聴行動、ブランド態度、購買行動に関するインサイトを把握できるオンライン・プラットフォーム「ニールセン・ファン・インサイト」を始動する。

 同プラットフォームは、米国、英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、中国、インド、日本を網羅。2019年の終わりにはブラジル、ロシア、韓国を加え、2020年には20ヵ国以上をカバーする予定だ。

 同プラットフォームは、権利所有者とスポンサー双方のスポンサーシップ・アクティベーション、ファン・エンゲージメント、放送権ビジネスにおける意思決定をサポート。各スポーツ団体のファン心理に対する理解、ファン層の拡大、新規市場の開拓、放送権の価値測定、スポンサー・パートナーシップの確立に貢献していく。

 たとえば、スポンサーであるブランドは、ターゲットとなる消費者層において、特定のスポンサーシップが各ブランドのエクイティや好感度、認知度、消費行動にいかに貢献しているかを知ることができる。

 またスポーツ団体は、データセットを統合したシングル・プラットフォームから対他団体、または国ごとのファン行動を抽出し、ベンチマークすることが可能。月ごとのトレンドや、特定のファン層とリンクする製品、サービス、業種を把握することもできる。

【関連記事】
フラッグ、スポーツビジネスブランディングを支援する新サービス「Perfect Team」を提供
クレスト、スポーツ用品メーカーのエスエスケイと共同で、店舗商品ディスプレイの効果測定を開始
朝日放送、電通らAIカメラを活用したスポーツ映像配信を実験 撮影コスト約10分の1で広告を自動挿入
NTTデータ経営研究所、スポーツ観戦の楽しさやエンゲージメントの可視化に向け共同で実証実験
ドームと富士通、スポーツのデジタルビジネス分野で協業 アプリ開発を通じていわきFCのマーケを支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/10/10 10:45 https://markezine.jp/article/detail/32185

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング