MarkeZine(マーケジン)

記事種別

セグメントごとのCV貢献度を見える化 USERGRAMに「セグメント別利用傾向分析機能」登場

2020/04/13 18:00

 ビービットは、同社が提供するアクセス解析ツール「USERGRAM」に、「セグメント別利用傾向分析機能」を追加した。

セグメント別利用傾向分析機能の画面イメージ(タップで拡大)
セグメント別利用傾向分析機能の画面イメージ(タップで拡大)

 同ツールは、ユーザーの行動データを時系列で可視化。それぞれが置かれている状況を定性的に捉えられる。

 今回追加された機能は、特定の条件で絞り込んだユーザー群に共通するサイト/サービスの利用傾向を分析・表示するもの。具体的には、以下のようなデータが確認できる。

  • 特定期間にCVしたユーザー群の、ページ閲覧傾向
  • 特定経路でページ遷移を行ったユーザー群の、CV傾向
  • 特定のページにランディングしたユーザー群の、イベント発生傾向
利用傾向分析結果画面イメージ「閲覧ページ」(タップで拡大)
利用傾向分析結果画面イメージ「閲覧ページ」(タップで拡大)
利用傾向分析結果画面イメージ「コンバージョン」(タップで拡大)

利用傾向分析結果画面イメージ「コンバージョン」(タップで拡大)

 同ツールの「個別ユーザ分析」と併用することで、定性/定量的な分析が可能になる。

【関連記事】
千葉ロッテマリーンズがUSERGRAM導入 チケットサイトやファンクラブサイトでのユーザー行動を分析
ビービット、USERGRAMのアプリ計測機能を強化 プッシュ通知文言やアプリ初回起動などを取得可能に
ビービットの「USERGRAM」、ユーザ注目ワード機能をアップデート AIで興味関心を精緻に分析
オイシックス・ラ・大地、「Oisix香港」のWebサイトにビービットの「USERGRAM」を導入
ビービットの「USERGRAM」で「状況ターゲティング」可能に ユーザー単位の時系列データ分析を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5