SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コンビニで「刺身」が買える時代に、ファミリーマートが水産商品販売を本格化

 ファミリーマートはすでに2007年10月から「刺身」「魚惣菜」の実験販売を東京都の6店舗で実施しており、ここで販売方法、物流体制などの検証を重ねた結果、4月15日から、東京都および神奈川県の60店舗に「刺身」「魚惣菜」の販売を拡大することを決定。2008年度内にはおよそ400店舗の展開を計画している。

 販売される刺身は「刺身亭」の愛称で、「めばちまぐろ赤身」「甘海老刺身」「海鮮サラダ」など、ファミリーマートオリジナル商品として最大8種類を展開。これらの容量は1人で手軽に食べられる設定になっており、、価格も400円以下に押さえられている。商品ラインナップには、「さんま塩焼き」「焼きサバ味醂」などの魚惣菜も最大6種類を展開する。

 ファミリーマートでは水産商品開発に伴い「チーム魚河岸」を結成。ファミリーマートの商品本部をはじめ、水産業者、設備メーカー、包材メーカーによる「海から食卓まで」一貫したチームで、水産商品を開発するとしている。

【関連リンク】
ファミリーマートとTSUTAYA、大阪に複合店舗を出店
米Amazon、生鮮食料品を扱う「AmazonFresh」をシアトル限定でオープン
ファミリーマート、「チルド温度管理弁当」を拡大
流通業界の地域格差 進む年収の「西高東低」
「好きな料理といえば日本料理」が8割超【好きな食のジャンル調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/18 16:42 https://markezine.jp/article/detail/3373

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング