SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

広告主とクリエイターをマッチングする「TikTok Creator Marketplace」が開始

 TikTok For Businessは、TikTok Creator Marketplace(TCM)を構築し、正式にローンチした。

 TCMは、広告主とTikTokクリエイターがダイレクトにコミュニケーションできるオフィシャルプラットフォームだ。クリエイターの登録者数はグローバルで1万人超となり、日本を含め世界14カ国からクリエイターをアサインできる。

 登録クリエイターは様々なカテゴリーに分類されており、自社ブランドや製品により適したクリエイターの選出が可能に。クリエイターの過去動画におけるパフォーマンスデータが公開され、フォロワーの特徴などからブランドへの適合性を総合的に判断することができる。

 またTCMでは、TikTokにおけるクリエイターの投稿パフォーマンスや、フォロワーの年代など属性を分析しプランニングから実施までを自動化。クリエイターへのオーダーから広告キャンペーンのローンチまですべてのデータを管理している。そのほか翻訳機能により、海外とも日本語でコミュニケーションができるため、国際的なコラボレーションを生みやすいのも特徴だ。

 なお日本でのリリースは現時点ではテスト段階となり、決済機能を搭載していないため、広告主とクリエイターとのマッチング機能のみをオンラインで運用する予定となっている。

【関連記事】
「TikTok For Business」がローンチ 様々なファネルでのビジネス課題の解決を目指す
TikTok Adsがユニクロとコラボ オリジナルTシャツを制作できるキャンペーンを開始
イヴ・サンローランとTikTok、在宅でもメイクの擬似体験ができるキャンペーンを期間限定で開始
エイベックス、タレントやインフルエンサーらをワンストップでキャスティングできるサービスを提供
スパイスボックスとAIQ、企業が起用するべきインフルエンサーを選定するサービスの提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング