SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷、LIVE配信に特化したスタジオの構築・運用を支援するサービスを開始

 凸版印刷は、企業のオフィスやショールームなどの施設内にLIVE配信に特化したスタジオの構築・運用を支援するサービスを開始した。

 同サービスは、企業のオフィスやショールームなどの既存施設に対し、テレビ会議システムを用いたウェビナーやインサイドセールスなどに最適な機材・設備をそろえたLIVE配信スタジオの構築を、企画から制作、機材選定、運用サポートまでワンストップで行うもの。使用用途に合わせた機材選定やセッティングを行うと共に、社員が簡単に操作・配信を行うことができるよう使用マニュアルも作成する。これにより、日常的にLIVE配信を手軽に行うことが可能となる。

同サービスを活用し「NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI」に
LIVE配信専用スタジオ「TOPPAN ONLINE STUDIO CONNECT」を設立
2020年10月1日より運用を開始する

 新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、オンラインを活用した非対面式のコミュニケーション手法が求められている。こうした中で、ウェビナーやオンラインイベント、テレビ会議システムを活用したインサイドセールスなど新しい情報発信の手法に注目が集まっており、これらを発信するための配信設備へのニーズも高まっているのが現状だ。

 同社はこれまで施設・イベントの空間プロデュースや空間を通じて、様々な体験やコミュニケーションを提供してきた。また、2020年6月より現地に赴くことなく臨場感のある施設見学を実現するオンライン施設見学ソリューションの提供も開始している。

 こうしたノウハウを活かし、企業の自社施設内にLIVE配信専用スタジオを企画から制作・運用までワンストップでサポートするサービスを提供するに至った。

【関連記事】
凸版印刷、オンライン展示会プラットフォーム「V-MESSE」提供開始 開催に必要な機能をパッケージ化
凸版印刷、クラウドでメーカーとサプライヤーの調達業務を効率化 調達支援システム「SDNECT」を販売
脳活動を可視化し消費者インサイトを分析 凸版印刷が消費財メーカー向けの新調査メニューを提供開始
凸版印刷の小売業向けソリューションとArmが提供するCDPが連携 デジマ戦略を総合的に支援
凸版印刷とTIS、AIとDMPの活用でデータマーケティング施策の精度向上・高速化を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/15 15:00 https://markezine.jp/article/detail/34333

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング